close

2022.10.19

選手情報

ダニエル太郎、世界59位に快勝で2回戦へ! ピンチで好サーブ放つ[ナポリ・カップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ダニエル太郎、ストレート勝利で2回戦進出

現地10月18日、「テニス・ナポリ・カップ」(イタリア・ナポリ/ATP250)シングルス1回戦が行われ、ダニエル太郎(エイブル/世界ランク95位)は、ペドロ・マルチネス(スペイン/同59位)と対戦。6-3、6-3のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

【動画】ダニエル太郎、世界59位マルチネスに快勝で2回戦進出! マッチハイライト

この日の試合、ダニエルは第1セット第3ゲームで先にブレークを許したものの、直後の第4ゲームでダブルフォールトなど相手にミスが続いてブレークバックに成功。

その後もマルチネスとの激しいラリー戦を繰り広げ、第6ゲームでチャンスを握ると、バックハンドのパッシングショットを決めて2度目のブレークを奪い、そのまま6-3でセットを先取する。

続く第2セット、序盤は互いにサーブを生かしてきっちりキープし、ブレークポイントを握らせない。その中、ダニエルは第5ゲームでのチャンスを生かせなかったが、第7ゲームでマルチネスのサーブに食らいつきラリー戦に持ち込んで相手のミスを引き出す。0-40と3本のブレークポイントを生かしてブレーク。次ゲームでは3度のピンチを好サーブでしのぐと、第9ゲームもマルチネスのサービスゲームを破って、快勝で2回戦進出を果たした。

オンコートインタビューでダニエルは、「今日はプレーできるかどうかわからなかったからクレイジーなスタートだった。ペドロ(マルチネス)とは、スペインに住んでいた時から良く知っていて、一緒に練習もした。彼のことは尊敬しているんだ。今日はうまくプレーできたし、このレベルに満足している」とコメントした。

2回戦でダニエルは、ペドロ・カチン(アルゼンチン/同57位)と対戦する。

なお、同大会は第1シードにパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン/同15位)、第2シードにマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同16位)、第3シードにロベルト・バウティスタ・アグ(スペイン/同22位)、第4シードにロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/同24位)が入っており、2回戦から登場する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP