close

2022.12.06

選手情報

世界1位を10人育てた名伯楽のボロテリー氏が91歳で死去。錦織も「たくさんの選手たちが花を咲かせました。僕もその中の1人」と追悼

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

現在のジュニア育成の礎を築いたボロテリー氏が91歳で死去

現地12月5日、錦織圭(ユニクロ)ら多くのトップ選手を輩出したアカデミーの創設者であり、10人の世界ランク1位を育てた名伯楽のニック・ボロテリー氏が亡くなった。91歳だった。

【動画】ニック・ボロテリー氏の死を悼んだ錦織、アガシのSNS

ボロテリー氏は、1978年にニック・ボロテリー・テニスアカデミー(現IMGアカデミー)を設立。現在のテニス界には、ラファ・ナダル・アカデミーやムラトグルー・テニス・アカデミーなどを筆頭に多くのジュニア育成に長けたアカデミーがあるが、ボロテリー氏はその先駆者的な存在だった。

ジュニア時代から指導に携わり、トップになった選手は数知れず、アンドレ・アガシやボリス・ベッカー、ジム・クーリエ、マリア・シャラポワ、モニカ・セレシュ、ウイリアムズ姉妹など、10人の世界ランク1位を指導してきた。テニス界への多大なる貢献が称えられ、2014年に国際テニス殿堂入りを果たしている。

元世界ランク1位のアガシは、自身のSNSで「僕らの友人であるニック・ボロテリーが卒業した。彼は多くの人に夢を生きるチャンスを与えてくれ、人生の生き方を教えてくれた。ありがとう、ニック」と追悼。

また、ボロテリー氏のアカデミーにジュニア時代から現在まで拠点を置いている錦織圭(ユニクロ)は、自身のSNSで「たくさんのモチベーションを与えてくれてありがとうございました。あなたのおかげでたくさんの選手たちが花を咲かせました。僕もその中の1人です。とても感謝しています」と感謝。「いくつになってもテニスに対する愛情、情熱が変わらない姿は見ていてとても愛おしかったです。どうぞ安らかに眠ってください」と偉大な師を悼んだ。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP