close

2022.12.16

選手情報

元世界3位フェレール、スペイン男子代表監督に就任。デビスカップ3度の優勝に貢献したレジェンド

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

40歳のフェレールがデビスカップ監督に就任

スペインのテニス協会であるRFET(スペイン王立テニス連盟)は、12月15日にデビスカップ監督に元世界ランク3位のダビド・フェレール氏が就任することを発表した。

【動画】フェレールとナダルが見せた至極のラリー集

身長175cmとツアーでは小柄のフェレールだが、シングルスでツアー通算27度のタイトルを獲得。2013年の全仏オープンで準優勝、全豪オープンとUSオープンでも2度ずつベスト4入りするなどグランドスラムでも活躍し、シングルス通算734勝377敗という成績で、2013年には自己最高ランキングとなる3位を記録している。

また、スペイン代表としては、2008年、2009年、2011年と3度のデビスカップ優勝に貢献。シングルスでの勝率は28勝5敗の84%と、ラファエル・ナダルの29勝1敗の94%に次ぐスペイン歴代2位の勝負強さを誇った。

過去4年間、スペイン代表は2度の全仏オープン制覇を成し遂げた元世界ランク3位のセルジ・ブルゲラ氏が率いており、2019年に優勝。今年は、世界ランク1位のカルロス・アルカラスと2位のナダルを欠き、決勝トーナメント準々決勝で敗れている。

今年6月には、デビスカップの大会ディレクターに就任しているフェレール。11月下旬にスペイン・マラガで行われた「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」に出資しているサッカー元スペイン代表のジェラール・ピケとともに観戦していた。

2000年以降に6度の優勝と、常にタイトルを求められるスペイン。フェレール新監督は、どのように優勝へ導いていくのだろうか。任期は3年となっている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP