close

2023.08.30

選手情報

ダニエル太郎、元世界6位のモンフィスと熱戦も逆転で敗れ2回戦進出ならず[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ダニエル太郎、2017年大会以来のUSオープン2回戦進出ならず


現地8月29日、「USオープン」男子シングルス1回戦が行われ、予選勝者のダニエル太郎(エイブル/世界ランク95位)は元世界ランク6位のガエル・モンフィス(フランス/同162位)と対戦。6-4、4-6、2-6、6-7(3)で敗れ、初戦敗退となった。

【動画】ダニエル太郎、モンフィスとの熱戦も逆転で敗れる マッチハイライト

30歳のダニエルは今大会予選から出場し、3試合を勝ち抜いて4年連続7度目の本戦入り。2017年大会以来の初戦突破を狙う。

初戦の相手となる36歳のモンフィスは、右手首の怪我などで今季前半では勝ち星に恵まれずランキングは一時394位まで下降。だが、この北米ハードコート・シーズンで世界ランク7位のステファノス・チチパス(ギリシャ)などトップ20を次々と撃破し、100位台までランキングを戻している。

第1セット、ダニエルはストローク、サーブと抜群の安定感を見せてモンフィスにプレッシャーをかけていく。第5ゲームでのチャンスこそ生かせなかったが、第7ゲームでブレークに成功。このリードを守り、6-4でセットを奪う。

しかし、第2セットはモンフィスに11本のサービスエースを奪われ、リターンゲームでチャンスは訪れず。セット終盤の第10ゲームでブレークを許し4-6で第2セットを落とすと、第3セットも互いにチャンスがある中でモンフィスに3度サービスゲームを破られて2-6。セットカウント1-2とあとがなくなる。

第4セットではストロークで角度をつけ、ドロップショットで揺さぶる両者。一進一退の攻防が続いて突入したタイブレークでは、ダニエルが先にミニブレークするも、直後にモンフィスが2本のミニブレークに成功。リードを許すと、最後はダニエルがダブルフォールトとなり6-7(4)。6年ぶりの初戦突破とはならなかった。

昨年は怪我で出場できず2年ぶりの勝利を挙げたモンフィスは、2回戦で第8シードのアンドレイ・ルブレフ(同8位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP