close

2023.10.10

選手情報

アルカラス、エバンズとの競り合いを制してベスト16入り「今年プレーした中で最もタフな試合の一つだった」[上海マスターズ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

アルカラスがエバンズをストレートで下し16強


現地10月9日、「ロレックス上海マスターズ」(中国・上海/ATPマスターズ1000)シングルス3回戦が行われ、第1シードのカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク2位)は第30シードのダニエル・エバンズ(イギリス/同33位)を7-6(1)、6-4で下し、ベスト16入りを果たした。

【動画】アルカラス&エバンズが見せたスーパーショット集

今季4度目の対戦となった試合は、第1ゲームでチャンスを逃したアルカラスがエバンズのスライスや正確なショットに苦しめられて先にブレークを許す。計19分にも及んだ第5ゲームでも5度のブレークポイントを握ったが、11度のデュースの末にエバンズがキープし1-4とされてしまった。なかなかチャンスをものにできないアルカラスだったが、第7ゲームで初めてブレークに成功すると、タイブレークを取りきって7-6(1)でセットを奪う。

続く第2セットでは互いにチャンスがあり、1度ずつブレークして迎えた第10ゲームをブレークし6-4。アルカラスが4回戦進出を果たした。

ストレートでアルカラスが勝利を手にしたが、USオープンに続いてまたしても熱戦を繰り広げた2人。アルカラスは、「彼は他の試合よりもアグレッシブだったよ。グランドスラム以外で今年プレーした中で最もタフな試合の一つだった」とコメント。

「この試合を勝てたのは、メンタルとフィジカルの両方で強くいられたからだと思う。特に精神的に強くいることがカギだった。僕は強く保って、チャンスを待ち続けてどんな時もベストのプレーを心がけた」と勝因を語った。

4回戦では、またしても片手バックハンドの第18シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/同19位)と対戦。「彼は本当に才能のある選手。いろんなショットを打ってくるから厄介な試合になる。常に集中して、ゲームを支配されないようにするよ」と対策を練っていきたいとした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP