close

2023.10.18

選手情報

世界12位のポールが快勝で8強入り。第2シードのルードがギロンに敗れる波乱も[木下JOテニス]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

第5シードのポールが2ヵ月ぶりの8強


「木下グループジャパンオープン」(東京・有明/ATP500)シングルス2回戦が行われ、第5シードのトミー・ポール(アメリカ/世界ランク12位)が同胞のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同37位)を6-4、6-2で下し、8月のATPマスターズ1000モントリオール以来のツアー8強入りを果たした。

【動画】マクドナルドも手が出ず! ポールの完璧なパッシングショット

2021年東京五輪以来となる日本での実戦を迎えたポールは、1回戦でダニエル・アルトマイヤー(ドイツ/同48位)を3-6、6-1、6-3と1セットダウンから逆転勝利を手にして今大会初勝利を挙げた。

そして、この日はサービスゲームで安定したプレーを見せてマクドナルドにブレークポイントを握らせず。「今日はいいプレーができたと思う。サービスゲームはキープできたし、彼はいつどこで挽回してくるかわからないタイプの選手。手を抜かずにコントロールを保つことを心掛けた」とストレートの快勝で試合を締めた。

1回戦の第1セットで2度ブレークされてから、サービスゲームで17連続でキープしているポール。出場選手のほとんどが有明コロシアムのコートについて“コートが速い”と口をそろえる中で、1試合をこなして順応し「速いのは言うまでもないが、自分としては気にしていない。ストロークを打ってネットに出てポイントを決めるパターンが組めるのでとても面白い」と自身がおかれている状況を楽しんだ。

そのほかのシングルスでは、中国の新鋭、ジャン・ジジェン(中国/同57位)が前週の「ロレックス上海マスターズ」(中国・上海/ATPマスターズ1000)でツアー通算7勝目を挙げたばかりのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同11位)を3-6、6-4、7-6(4)で下し初戦突破。

2回戦では、第8シードのフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同17位)が、セバスチャン・オフナー(オーストリア/同47位)を6-4、6-1で下し、5月以来の8強入りを果たした一方で、第2シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/同8位)が予選勝者のマルコス・ギロン(アメリカ/同79位)に3-6、4-6で敗れている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP