close

2024.02.03

選手情報

エースの西岡良仁が貫禄の勝利挙げるも綿貫陽介が敗れて1勝1敗で2日目へ。添田豪監督「チーム一丸となって頑張っていきたい」[デビスカップ 日本対レバノン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:日本テニス協会

デビスカップ 日本対レバノンは1勝1敗で初日終える


男子国別対抗戦デビスカップのワールドグループ1部プレーオフ「日本対レバノン」(2月2日~3日/エジプト・カイロ/クレーコート)の第1日が現地2日に行われ、シングルス2試合が実施。日本は1勝1敗で初日を終えた。

【画像】全豪オープン2024で熱戦を繰り広げた日本男子選手たちの厳選写真!

昨年9月に行われたワールドグループ1部の対イスラエル戦で日本は敗戦。今回、ワールドグループ1部残留をかけたプレーオフを迎えることとなった。試合は、敵地レバノンで行われる予定だったが、不安定な情勢のため中立国のエジプト・カイロでの開催となっている。

日本の先陣を切ったのは、エースとしての期待がかかる西岡良仁(ミキハウス/世界ランク84位)。昨年2月のポーランド戦以来、1年ぶりのデビスカップとなったハディー・ハビブ(同304位)との試合では、風が強いコンディションに苦労したとしながらも、第1セットを2-3から4ゲーム連取で奪う。第2セットもリードを守り切れない展開が続いたが、5-4の第10ゲームでブレークし、ストレートで勝利。「劣勢な状況からでも相手のポジションや苦手なところを見て、しっかりゲームメイクしていけた」と勝因を語った。

日本の2番手で登場した綿貫陽介(SBCメディカルグループ/同113位)は、昨年6月のATP250シュツットガルト予選で勝利しているレバノンのエースのベンジャミン・ハッサン(同152位)と対戦。ランキングでこそ綿貫が上だが、ハッサンも昨年のチャレンジャー大会で2度の準優勝と5度のベスト4に入っている相手。第1セット、綿貫は2ブレークを許して2-6で落とすと、第2セットも2度のセットポイントを取れず。タイブレークの末に6-7(3)とストレートで敗れた。

試合後には、「デビスカップの緊張感もあり、今年まだ1勝もできていないのでその自信のなさが試合に出てしまった」と口にした綿貫。「自分が負けてどうこう言っていられる立場じゃない。明日に向けて全力で準備をして明日もう一度強い自分、チームでいられるように頑張りたい」と第2日への意気込みを語った。

初日を1勝1敗で終えた添田豪監督は、「西岡選手はやはりエースの貫禄、そして気迫ともに素晴らしかった。格下の相手にしっかり勝ち切ったところはさすが。綿貫選手に関しては相手のスタートも良く、なかなかリズムを掴むことができずにセカンドはセットポイントまでいったけど取りきれず。残念ではあるが明日につながる内容だと思う。明日で決着がつくのでチーム一丸となって頑張っていきたい」とした。

第2日では、ダブルスで望月慎太郎(木下グループ/同138位)/上杉海斗(江崎グリコ/ダブルス同147位)がハッサン・イブラヒム/ファディ・ビダン、シングルスで西岡とハッサン、綿貫とハビブが対戦する予定となっている。なお、ルールにより第2日は試合数、試合形式が変更となる場合がある。

試合後の選手、監督のコメントは以下のとおり。

西岡良仁
「久しぶりのデビスカップの初戦、知らない相手ということもあったので、情報を探るためにもスタートはゆっくり行きますと。相手を見定めながら、どういうテニスで、何ができて何ができないのかみたいないつも通りの流れを作っていった。いいタイミングで先行でき、流れが良かったと思う。相手もいいプレーが多くてビッグショットが多い選手。(開催地の)エジプト・カイロでは、風下と風上の明確な違いがあり、どうしても風下でのサービスゲームは難しかったが、劣勢な状況からでも相手のポジションや苦手なところを見て、しっかりゲームメイクしていけたのが勝因だった」

綿貫陽介
「デビスカップの緊張感もあり、今年まだ1勝もできていないのでその自信のなさが試合に出てしまった。相手のプレーも良かったですし、このデビスカップの重さを毎度毎度、痛感するがまだまだ足りない部分が今日は多かった。そこを改善したい。(西岡)良仁くんが勝ってくれて1-1で明日を迎えられるので、僕は1敗しているのでさらに気持ちも強くなるし、今日のリベンジをしっかり果たしたい。明日、チームが勝つことが一番の目標なので、雰囲気もそうですし僕自身も自分が負けてどうこう言っていられる立場じゃない。明日に向けて全力で準備をして明日もう一度強い自分、チームでいられるように頑張りたい」

添田豪監督
「西岡選手はやはりエースの貫禄、そして気迫ともに素晴らしかった。格下の相手にしっかり勝ち切ったところはさすがだなと思う。綿貫選手に関しては相手のスタートも良く、なかなかリズムを掴むことができずに、セカンドはセットポイントまでいったけど取りきれず、残念だが明日につながる内容だと思う。明日で決着がつくのでチーム一丸となって頑張っていきたい」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP