close

2020.07.08

メーカーズボイス

メタボ牛はNG!! ウイルソン“ナチュラルガット”の秘密は牛の飼育にあり!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ナチュラル・ガットを
使ったことはあるだろうか?

「ナチュラル・ガット」というと、一部の人が使うものでしょ? と思うかもしれない。いまだ多くのプロ選手が使っているものの、一般レベルだと確かに使用者は少なくない。それでも、ショップに必ずあるというのは、高価だが、それだけのパフォーマンスを発揮するものだからである。“ナチュラル”と名のつくとおり、天然素材が原料で、具体的には牛の腸から取れる膜を利用している。 “切れやすいイメージ”だったり“高価”というマイナスなイメージを持っている方もいるかもしれないが、今のところ伸縮性において科学系素材(ナイロン、ポリ)は、ナチュラルに敵わない。つまり伸縮性能が高いので、よりパワーが出るわけだ。わずかでも速いボールを打てるならば、より有利となるテニス。ナチュラル・ストリングを使う人は、それを知っているから使うわけだ。

さて、ウイルソンにとって、最初の製品が実は「ナチュラル・ガット」であることをご存じだろうか? 1913年、精肉業を営むうえで廃棄されていたものでビジネスをと考え、翌1914年に販売されたのがテニス用の「ナチュラル・ガット」と「手術用の縫合糸」、「野球のグローブ」だった(当時の社名は、アシュランド・マニュファクチャリング社)。つまり、ウイルソンは「ナチュラル・ガット」について100年以上の歴史を持っているということだ。

2017年に、改めて新発売となった「ウイルソン・ナチュラル」が、目指したのは、その当時と同じ質だった。ここだけの話、それまではOEM生産で作られていた。ところが、本当のナチュラルを提供できていない…という思いもあった。そこで協力企業であるルキシロンとタッグを組むことになる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録