close

2020.07.28

大会情報

錦織圭出場予定のATPツアー開幕戦の賞金が大幅減額か。優勝賞金は4分の1へ

ATPツアー開幕戦として8月22日から開幕予定の「ウエスタン&サザン・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/ATP1000)が、賞金額を大きく減らすと海外メディア『Ubitennis』が報じている。

昨年同大会では、優勝賞金が111万4225ドル(約1億1720万円)、準優勝が56万4005ドル(約5930万円)、ベスト4が28万9290ドル(約3040万円)となっており、総額600万ドル以上となっていた。
しかし、今年は新型コロナウイルスの経済的な理由に大幅に減額。特に目立った減額を見せたのが、優勝者や準優勝者、ベスト4選手だ。
優勝賞金は28万5000ドル(約3000万円)と約4分の1、準優勝が18万5015ドル(約1950万円)と約3分の1、ベスト4が12万4000ドル(約1300万円)と半額以下に。賞金総額では約30%下がり、420万ドルとなった。一方、予選や本戦2回戦で敗退した選手には、昨年より増額した賞金が与えられるとしている。

同メディアによると、大会側は「USTAはニューヨーク市と連邦政府によって定められた基準に準拠した大会に関わるすべての人々のために、安全に管理された環境を作ります。我々は、“関係者の安全と健康”、“イベントの開催がテニスというスポーツの利益になるか”、“開催が財政的に可能か”という3つの指針に基づいて大会の開催決定を行っています」と述べている。

同大会には、世界ランキング3位のドミニク・ティエム(オーストリア)や、昨年のUSオープン以来の公式戦復帰を目指す錦織圭(日清食品)らが出場を予定している。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED