close

2020.07.28

大会情報

衝撃…「東レPPO」初の大会中止が決定

7月28日、東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会は、今年の11月開催予定だった大会の中止を発表した。

「新型コロナウイルス感染の状況を鑑みて、WTAと無観客や入場制限等での開催などを探ってきたが、出場選手や来場者、大会関係者の安全を確保できないということで、中止を決定した」とのこと。1994年からの始まった同大会だが、中止になるのは初めて。
 
※写真は昨年優勝の大坂なおみ(日清食品)

<以下は大会事務局発表のもの>

2020年度大会中止についてのお知らせ

 東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会は、本年11月に開催の延期を予定しておりました「東レ パン パシフィック オープンテニス トーナメント 2020」 (WTAプレミア)の開催を、新型コロナウイルス感染の国内外の広がりを考慮し、中止することを決定いたしました。

 本実行委員会はWTA とともに、大会開催のために、無観客や入場制限等での開催など様々な方策を探ってきましたが、出場選手やその関係者、メディア、来場者、協賛会社、運営スタッフの安全確保を保証することは現時点で厳しく中止せざるを得ないとの苦渋の結論に至りました。

 1984年にスタートして以来、本大会が中止となるのは、今回が初めてとなります。毎年出場している各国のテニス プレーヤーはもちろん、国内外のテニスファンにとっても残念な結果となりましたが、今後は2021 年の本大会の開催と成功に全力を尽くします。
 なお、2021年大会の日程、会場等の詳細はまだ決定しておりません。決定次第、本ホームページでご案内させていただきます。

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED