close

2020.07.31

選手情報

トップ選手のSNSフォロワー数ランキング。1位となったのは…

8月、ついにATP、WTA双方のツアーが再開する。まだ予断を許さない状況ではあるものの、待ちわびた人も多いだろう。

中でも注目が集まるのはトップ10プレーヤー、そして我々としては日本プレーヤーの活躍である。今回は、そんなトップ10プレーヤー、そして錦織選手、大坂選手を対象に、Twitterのフォローワー数を調べてみた。


男女トップ10+2人を調べた中で、No.1
フォロワー数となったのはラファエル・ナダル(スペイン)で1,565.4万! ライバルのロジャー・フェデラー(スペイン)は1,268.3万、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は873万となっている(ちなみにアンディー・マレー/イギリスは354.7万)。



一方、女子でNo.1となったのはセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)で1,081.3万。ちなみに、ライバルだったマリア・シャラポワ(ロシア)は862.3万なので、対戦成績(セリーナの20勝2敗)だけでなくフォロワー数対決でもセリーナ勝利となっている。


ちなみに唯一Twitterをやっていなかったのはマテオ・ベレッティーニ(イタリア ※Instagramは@matberrettiniでやっている)。たまにはこういう数字もおもしろいものである。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED