close

2020.07.30

選手情報

A.マレーが断言「USオープンで思わぬ番狂わせが起きるはずだ」

練習と試合とは
「プレッシャーが全く違うんだ」

スポーツニュースサイト「EUROSPORT」は、アンディ・マレー(イギリス)による“USオープンでは番狂わせが起こる”という言葉を紹介している。

テニス界は、新型コロナウイルスによるパンデミックのため、未曾有の被害と受けた。ウィンブルドンがなくなり、インディアンウェルズ、マイアミというマスターズ大会も中止。日本にとっては楽天ジャパンオープン、東レ・パン・パシフィック・オープンがなくなるという残念な中止も起きている。

8月、ついにツアーは再開となるが、マレーは「試合の数が足らない。選手たちは、USオープンで準備不足を露呈する。だから思わぬ番狂わせが起きるはずだ。実際の試合を(練習で)再現することはできない。試合形式をやったとしても、試合とは違うんだ。肉体的なものはいいかもしれないが、心理面が違う。プレッシャーがまったく違うよ。練習で同じくらいプレッシャーがかかる場面を作ったとしても、実際にはそうはいかないんだ」と語っているのだという。

すべての選手が実戦不足であることは否定できない。マレーの予想が真実であるなら、思わぬチャンピオンが生まれる可能性もある。果たしてUSオープンで上位に進出する選手は誰になるのか、優勝するのは誰になるのか? ニューヨークで巻き起こるドラマをしかと見届けたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma