close

2020.07.31

選手情報

マレーが男女混合の大会を呼びかけ「チャンスを逃している」

元世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)は、男女混合のイベントが増えないことで多くのテニスファンが「チャンスを逃している」と語った。

現在、マレーは、兄のジェイミー・マレーが主催し、イギリスの国内選手で開催されている『バトル・オブ・ブリッツ』の男女混合の団体戦に出場中。今大会では、ミックスダブルスも行われており、マレー兄弟やジョアナ・コンタらイギリストップ選手もプレーしている。

マレーは、「テニスは男女の選手が同じような体格を持つスポーツで、それをうまく生かすべきだ。例えば、『ホップマン・カップ』は僕の考えでは、素晴らしいイベントだった」とコメント。「セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)とロジャー・フェデラー(スイス)のような素晴らしい選手が、同じコートで対戦することは私たちのスポーツにとって、非常に素晴らしいことです。我々はそれを行うことができるし、もっと受け入れるべきだと思う。“ラファ(ラファエル・ナダル)”が女子のトップ選手と一緒にコートに立っている姿を見てみたいよ(笑)」と、意見を述べている。

昨年大会で幕を閉じた男女混合の国別対抗戦『ホップマン・カップ』は、1989年からオーストラリア・パースで開催。同時期には、ATPやWTAのツアー大会が行われていたが、ポイントのつかない同大会にフェデラーやS.ウイリアムズ、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、アンゲリーク・ケルバー(ドイツ)らテニス界のトップ選手が出場していた。

昨年のウィンブルドンで、マレーはS.ウイリアムズとともにミックスダブルスに出場。トップ選手同士の組み合わせは大きな話題となった。今後、テニスファンを楽しませるような男女混合のイベントが生まれるのを待ちわびたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録