close

2020.08.16

選手情報

「アガシ夫妻とレイエスのおかげ!!」、ブシャールが復活の狼煙

アガシ夫妻が
ブシャールをサポート

「テニスワールドUSA」が、復活の狼煙を取り上げた元WTA5位のユージーン・ブシャール(カナダ)の記事を出している。


WTAにとって再開2戦目となったプラハ・オープンでベスト8入りを果たしたブシャール。プラハではダブルス元世界No.1のレネ・スタッブス(オーストラリア)と、ロックダウン中には、元世界No.1アンドレ・アガシ(アメリカ)、シュテフィ・グラフ(ドイツ)、ギル・レイエス(元アガシのトレーナー)とトレーニングする機会があったのだという。

Tennis.comのポッドキャストでのインタビューで、「ゲームの中で、フィジカルな部分が良くなっていると感じている。ラスベガスに行き、アンドレ、シュテフィがサポートしてくれたことに感謝しているし、幸せだわ。本当に充実した時間だった」とコメントしたブシャール。「大きかったのは、(グラフがいたことで)感情面の理解。男性のコーチは、女性のそういった部分に戸惑うものなの」と続けた。

【YouTubeで解説!!】宇野真彩プロが両手バックのコツを実践解説!!

昨年10月からトレーニングを見ているレイエスは、ブシャールの頑張りが印象的だったという。「彼女の準備ができていたよ。すべてにおいて、細かく言う必要がなかった。私の求めるレベルは、かなり高いからね。アンドレに求めたのと同様にね」。

現在WTAランキング330位となっているブシャール。今後、かつての姿を見せるかもしれない。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED