close

2020.09.24

メーカーズボイス

ヨネックスがテニスボール事業に本格参入! 来年に6機種のボールが発売

写真左からTOUR PLATINUM(2球入り缶)、同(4球入りペットボトル)、TOUR、CHAMPIONSHIP

ヨネックスは、テニスボール事業の再編を図り、2021年より商品ラインナップを刷新。力を注いでいくと発表した。

新たに発売する主なテニスボールはこちら


左から記者発表に登壇した辻野隆三プロ、藤原里華プロ、同社国内営業本部長の公文辰男氏

これまで同社のテニスボールは、3機種の供給を行っており、国際大会および一般のテニス大会でも使用されていて高い評価を得ている。
これらに加え、2021年より国際テニス連盟および財団法人日本テニス協会の公認球として申請中の「TOUR PLATINUM(ツアープラチナム)」ほか、6機種のテニスボールを発売。2019年は7万ダースだった売り上げを「2023年には50万ダースを目指す」と意気込みを語った。

同社指定の工場で生産するテニスボールは、国際大会公認球から練習球、テニススクール向けボールやレジャーまで幅広いラインナップを展開。高品質のボールであらゆるテニスシーンを支えていくという。
また、国内外の大会球の獲得に注力するとともに、同社工場製のテニスラケットやストリング、ストリンギングマシンに加えて、テニスボールの展開を強化することで総合テニスブランド化を推進していくとしている。

来年より発売する6機種は、国内外の大会で公認球として申請中の柔らかい打球感が特徴の同社最上位グレードのテニスボール「TOUR PLATINUM(ツアープラチナム)」や中間グレードに位置する「TOUR(ツアー)」、軽快な打球感で耐久性のある「CHAMPIONSHIP(チャンピオンシップ)」のほか、練習球の「PRACTICE(プラクティス)」、カーペットコート対応の「CP(シーピー)」、ノンプレッシャーのレジャー用「NP(エヌピー)」がラインナップ。
テニスプレーヤーが使用シーンに合わせてボールも選ぶことができ、自分好みのボールも見つけることができるだろう。

2021年には主要国内大会計26大会で採用されるヨネックスのテニスボール。軽井沢国際女子テニストーナメント大会や島津全日本室内選手権大会、JOCカップ全国選抜室内選手権大会、日本リーグ、大阪市長杯世界スーパージュニア選手権大会リポビタン国際ジュニア、ソニー生命カップ全国レディーステニス選手権大会で使用されるという。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録