close

2020.10.07

ギア情報

フェデラーも強力プッシュ!! 地球のため、テニスのために進める“小さなこと”



小さなアイディアを次々と実践
あなたもぜひ地球防衛軍の一員に!

とはいえ、ウイルソンとしてもあまり声高に地球環境のために活動している、と言えない部分もある。前述の通り、依然としてペット缶のプレッシャーボールを売っているからだ。しかし、それに関しても考えている。今回、発表されたのがペット缶のフタ(キャップ)の改良だ。金属のフタを取った後、通常はプラスチックのフタをするのだが、ひっくり返してもボールが落ちない大きさに、穴を開けたのだ(ちなみに、フタに穴が空いているからといって、ボールの劣化速度は変わらない)。たったコレだけ、穴を開けただけで50%のプラスチック削減につながるのだという。一度開けてしまえば、ボール品質に影響はないのだから、全メーカーでやってほしいと思う工夫だ。




さらに、そんなことも!? という工夫をウイルソンはしている。



一つは、かつてはラケットについていた「ソフトカバー」。コレは今、別売りとなっている。それは、多くの方がすでに持っているから。その分、価格に反映しているのだという。コレもわずかではあるが、プラスチック削減につながる。加えて、気づいた人もいるかもしれないが、ストリングのケースにも変化が加わっている。ルキシロン製のケースにはポリフィルムがついていたのが、なくなっているのだ。コレもわずかな削減ではあるが、そのわずかを積み上げていこうとしているのだ(厳密に言えば、その工程が減るわけだから、工場の稼働時間が減って二酸化炭素排出量にもわずかな影響があるだろう)。





未来がどうなるかは誰にもわからない。

それでも、有害となりうるプラスチックの削減をわずかでも進めていく。その小さなことの積み重ねが大きな違いを生み出すことができるかもしれない。

LITTLE THINGS,BIG IMPACT
<小さなこと、それが大きな影響を与える>
きっとそうなのだと思いたい。


地球の平和を守るため~
アメリカ・シカゴからやって来た!!
地球を救う 使命のために
今できることをやっていく
その名は! その名は! その名は!
我らがウイルソン地球防衛軍〜
君もチームの一員だ!

どのメーカーがこうだなんて言っている場合ではない。我々はテニスを愛している。そして楽しいテニスを少しでも長く続けたい。だからこそ、我々が心がけるべきことがある。



次回(2020/10/14更新)は「ウイルソン黄金スペック大図鑑!」 乞うご期待!!


★[Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]
https://wwm.tennisclassic.jp/archive/backnumber/index.html

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録