close

2017.07.20

メーカーズボイス

ウィンブルドン2017 REPORT

2017年ウィンブルドン、この大会は、すべてのテニスファンの記憶に残るものとなっただろう。史上最高のプレーヤーと称されるロジャー・フェデラーの復活優勝。優勝までの戦いぶりは、正に"PERFECT"なものだった――。

ロジャー・フェデラー
「最高の気分だ!」
5年ぶり8度目の優勝 芝の王者完全復活を果たす

「(休養することで)自らに芝での最高のチャンスを作った。振り返るようなことはしたくないし、後悔もしたくない」―― 7月1日、ウィンブルドンの直前会見で、ロジャー・フェデラーは語った。今年3月、インディアンウェルズ、マイアミでサンシャインダブル(両大会で優勝すること)を達成したあと、クレーシーズンの休養を宣言。そして、ウィンブルドン前哨戦2大会から復帰。6月19日からのゲリー・ウェバー・オープンでは、全試合ストレート勝ち。決勝では、新進のA.ズベレフを6-1、6-3で圧倒している。  ウィンブルドン開幕、フェデラーは第3シードで臨んだ。


5年ぶり8度目の優勝のロジャー・フェデラー

大会直前には、芝での試合数が不足していることから、勝つのは簡単ではないとする声(決勝で対戦したチリッチなど)もあったが、始まってみればその見立ては誤りであることがわかる。終わってみれば、全試合ストレート勝ち。もちろん、試合中ずっと圧倒していたというわけではない。実際、決勝までの6試合で5度タイブレークを経験している。ただ、その中で最多失点は"4"(ラオニッチ戦、ベルディッチ戦)。拮抗した展開で見せる集中力の上げ方、プレーの精度は、非の打ちどころのないものだった。
ドルゴポロフ、ラヨビッチ、M.ズベレフを倒して4回戦に進出。そこで実現したのが "フェデラー" vs. "ベイビー・フェデラー" である。芝の舞台でのディミトロフとの対戦は、注目を集めた。ディミトロフがフォアでクロスへ、それに対してフェデラーが早いテンポでダウン・ザ・ラインに流す。対するディミトロフがバックハンドでクロスに強打。フェデラーがスライスでテンポを緩めるが、ディミトロフが返球する――見ごたえあるラリーとなったが、要所でキレと安定感を見せたフェデラーが97分間で勝利したが、見る者を魅了した試合だった。これで、フェデラーはグランドスラム50回目(ウィンブルドンは15回目。共にオープン化で最多)の準々決勝進出を決めた。

試合後、「昨年は、ヒザの問題があったが、今年は身体面で不安はない。リラックスして準々決勝に臨める」と語ったフェデラー。次戦の相手となったラオニッチといえば、昨年、準決勝で敗れた相手だ。その際、転倒して左足を痛めたことが、シーズン後半全休の引き金になっている。単なる準々決勝ではない。昨年果たせなかった想いも重なった試合となった。

ラオニッチといえば、武器はサーブ。それを生かし、ストローク戦でも果敢にネット(50回出て27ポイント)に出るなど、積極的に攻めてくる。しかし、フェデラーはさらに上回るプレーを披露した。ファーストサーブでの得点率は90%、ウィナーは46本、アンフォースト・エラーはわずか9。第3セットこそ、タイブレークとなったが、正に"危なげない戦いぶり"でストレート勝ちを果たす。
「今年は、ウィンブルドンに十分な準備ができている。昨年も十分な練習はしていたが、背中やヒザの問題があった。その分、今年は自由にプレーし、集中できる。だから戦術にもこだわることができる」とフェデラー。



準決勝ベルディッチ戦は、タイブレーク2セットと拮抗した展開だったが、ベルディッチを退けると、2年ぶり10度目の決勝へ。待ち受けていたのは、チリッチだった。
 決勝、試合開始から攻めたのはチリッチ。フェデラーはギャンブル的なフォアの強打に押され、第4ゲームでブレイクポイントを握られるが、無事にキープ。すると、続く第5ゲームで先にブレイク。第9ゲームでもブレイクして、第1セットを6‐3で奪った。第2セットもフェデラーの勢いは止まらず。逆にチリッチは、簡単なミスが目立つ展開。フェデラーは隙を見せることなく、攻め続けて6‐1で第2セットも奪った。ここでチリッチは、メディカルタイムアウトを取る。実は、左足を痛めていたのだった。

第3セット、治療を受けたチリッチは多少動きが良くなったものの、手負いの状態ではフェデラーにかなうわけもない。ゲームカウント5-4、40-30で迎えたチャンピオンシップポイント。渾身のサーブをセンターに打ち込むと、これがノータッチエースに。その瞬間、フェデラーの8度目の戴冠が決まった。
優勝を決めた瞬間、ファミリーボックスにいるコーチ、家族たちに向けて4度両手を掲げると、チリッチの健闘を称えた。一度、ベンチに座ると、涙があふれ出す。ついに悲願を達成した。 「最高の気分だ! セットを落とさずに勝てるなんて。ウィンブルドンに戻ってきて、再びいいプレーができてうれしい。"できる"と信じて積み重ねてきた結果。もう決勝で戦えると思えない時もあったし、ブランクもあったが、"決勝に行ける"と思って頑張ってきた。信じ続け、夢を見続けた結果。連覇するために、また来年も戻ってきたい」

スピーチでフェデラーは、その想いを語った。実にグランドスラム19冠目、ウィンブルドン8冠目。「GREATEST OF ALL TIME」――ロジャー・フェデラーの物語に、また偉大な歴史が加わった。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録