close

2020.10.31

大会情報

山﨑純平が清水悠太を破り、昨年の雪辱晴らす! 中川直樹がケガから進化し4強入り<全日本テニス選手権3日目>

10月30日、「三菱 全日本テニス選手権95th」(10月28日~11月1日/東京・有明)の男子シングルス準々決勝の4試合が行われ、ベスト4が決まった。

【関連記事】最年少・初出場でベスト4! 佐藤久真莉が3日連続のフルセット勝利<全日本テニス選手権3日目>
【関連記事】日比野菜緒がジュニア時代からのライバル・穂積絵莉を破りベスト8! <全日本テニス選手権2日目>

昨年準優勝の第1シード、清水悠太(三菱電機)は第8シードの山﨑純平(日清紡HD)と対戦。今年で同大会3年連続の対戦となった両者の戦いは、7-5、6-1で山﨑に軍配が上がった。


長いラリー戦でミスが増えてしまった清水

昨年の清水との準決勝では、フルセットにもつれる接戦で足が痙攣し敗れていた山﨑。この日の第1セットでは、その状況を思い出させるような激しいラリー戦が繰り広げられた。
3-5と清水にリードを許した山﨑だったが、長いラリーで清水のミスを誘うと一気に4ゲームを連取。「ファーストセットを取りきったことで去年と違う展開になった」と第1セットを奪うと、第2セットでも集中力の切れた清水の隙を見逃さず、3度目の対戦で雪辱を晴らした。


昨年の悔しさをぶつけ、勝利を手にした山﨑

ジュニア時代から引き続き、むさしの村ローンテニスクラブ(埼玉)で練習を行っている山﨑。今まではコーチの武正真一氏との練習だったが、昨年末から住澤大輔(橋本総業HD)や齋藤惠佑(富士住建)ら若手プロが参加。共に腕を磨いている。
第1シードを破った勢いを次戦でも見せることができるか楽しみだ。

また、世界で戦う選手を育成する盛田正明テニス・ファンドのサポートを受け、ともにアメリカ・IMGアカデミーでトレーニングをしてきた内田海智(富士薬品)と中川直樹(橋本総業HD)が対戦し、4-6、7-5、6-2で中川が逆転勝利を収めた。


パワフルなショットで多くのウィナーを奪った内田だが、中川に攻略されてしまった

内田のアグレッシブなストロークに押され、第1セットを失った中川だったが、徐々にリズムを掴み、第2セットを奪い返すと、その勢いでファイナルセットでもポイントを積み重ねた。
その好調を支えているのが、コロナ期間中に成長したというサーブだ。新型コロナウイルスの影響により、テニスができなかったことで、ウェイトトレーニングに多くの時間を費やした。結果的にサーブのスピードアップにつながったという。
「サーブとフォアハンドで展開していくのが僕のプレー。それが今大会は続けてできているのが勝てている要因」と武器が増えたことで、ポイントパターンのバリエーションも増やすことができたとした。


サーブとフォアハンドを軸に、テンポよくプレーする中川

2015年のプロ転向直後には右ヒジを痛め、さらに右手首も故障し手術に踏み切った。今では痛みもなくプレーできているとした中川だが、ケガに苦しめられ、辛い時間を過ごした時に感じたのが“テニスへの想い”。「2回目の(手首の)ケガの時が辛かったというか、一番人生で落ち込んだ時期。でも、テニスが好きだった。そこだけが力になった」と、一歩ずつ自らのテニスを取り戻しつつあるとした。
ジュニア時代には、あと一歩のところで全国タイトルを逃してきた中川。今回の全日本選手権で初優勝を狙う。

<男子シングルス準々決勝の結果> 
山﨑純平(日清紡HD/[8]) 7-5 6-1 清水悠太(三菱電機/[1])
今井慎太郎(イカイ/[2]) 6-3 6-4 田島尚輝(やまやコミュニケーションズ)
中川直樹(橋本総業HD) 4-6 7-5 6-2 内田海智(富士薬品/[3])
今村昌倫(慶應義塾大) 6-2 7-5 上杉海斗(江崎グリコ)

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録