close

2020.10.31

大会情報

男子決勝は中川と学生の今村の戦いに!<全日本テニス選手権4日目>

10月31日、「三菱 全日本テニス選手権95th」(10月28日~11月1日/東京・有明)の男子シングルス準決勝が行われ、中川直樹(橋本総業HD)が7-5、6-4で今井慎太郎(イカイ/2)を、今村昌倫(慶應義塾大学)が3-6、6-2、6-3で山﨑純平(日清紡HD)を倒し、それぞれ決勝進出を決めた。


Click!中川、今村…全日本選手権・男子準決勝の写真はこちらをチェック!


<関連記事>女子決勝は日比野、秋田の同郷対決に!<全日本テニス選手権3日目>
<関連記事>山﨑純平が清水悠太を破り、昨年の雪辱晴らす! 中川直樹がケガから進化し4強入り<全日本選手権3日目>
<関連記事>最年少・初出場でベスト4! 佐藤久真莉が3日連続のフルセット勝利<全日本選手権3日目>
<関連記事>日比野菜緒がジュニア時代からのライバル・穂積絵莉を破りベスト8! <全日本選手権2日目>


サーブを武器に、今井に勝利。決勝進出を決めた中川

昨日、共に(公財)盛田正明テニス・ファンドのサポートを受け、アメリカ・IMGアカデミーでトレーニングをしてきた内田海智(富士薬品)に勝利した中川。
今日の試合も、フルセットとならずも、拮抗した展開となったが、ここで生きたのが成長したというサーブ。スピードが出たことで緩急も使え、フリーポイントが増えるなど、安定感あるプレーを披露。試合終盤に際どいジャッジがあり、「ちょっと乱れそうになった」が、冷静に対処して勝利した。
「2セットとも、うまく締めることができてよかった」と中川。明日の決勝に向けて「もちろん、優勝を目指してプレーしている。日本の本当のトップの人たちは今大会に出ていませんが、まずここで優勝して一歩でも近づきたい」と語った。


試合開始直後にブレークされ、リズムが掴めなかった今井



大学生にして決勝進出を決めた今村。中盤から見せた積極的なネットプレーが奏功した

もう1試合、山﨑と今村の試合は、長いラリーが続く展開に。第1セットを6-3と奪った山﨑だが、第2セットに入るとサービスゲームが不安定に…。2ブレークを許して今村に6-2とセットを奪い返されてしまう。山﨑は、第3セットに入ってもサービスゲームで苦しんでしまい、0-3とリードを許してしまう。その後、山﨑はブレークバックも果たして2-3まで追い上げたが、今村のプレーは崩れず。丁寧なストロークを打ち、積極的にネットに出てポイントを重ねていった。「(2セット以降)自分がネットに出る回数が減り、その分、相手に取られてしまった」と山崎。安定感あるストロークと積極的なネットプレーを見せた今村が、決勝進出を果たした。

「ファーストセットは、相手と付き合ってしまって、粘り強い相手で我慢できず、崩れてしまった。セカンドから前に出て、積極的にプレーできて、それがうまくハマって、最後まで突き通せた。全体的にはいい試合だったと思います」、笑顔で振り返った今村。
決勝に向けて、「チャレンジャー精神で、思い切って打っているところを見てほしいです」と語った。


第1シードの清水を下した山﨑だったが準決勝で敗退。「悔しさが残る」と感想を語った



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真:松村健人 Photos by Takehito Matsumura/NBP