close

2020.11.11

選手情報

オジェ・アリアシムが今季最後の大会に期待「もう一度自分にチャンス与えたい」

トップ8名によるツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」を除くと、今年最後の大会となる「ソフィア・オープン」(ブルガリア・ソフィア/ATP250)がスタート。同大会でツアー初優勝を目論む第2シードのフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)が、その意気込みをATP公式サイトに語った。

【関連記事】オジェ・アリアシムがチームの核であるコーチと別れ「共に成し遂げたことを誇りに思う」
【関連記事】ATP選手協議会にオジェ・アリアシムら4人が選出&アンダーソンが会長に

11月8日まで行われた「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/ATP1000)のダブルスで初めてタイトルを手にしたオジェ・アリアシム。しかし、シングルスでは過去6度の決勝進出があるもののタイトル獲得には至っていない。

「(ダブルスで優勝できたことは)いいこと。シングルスでもダブルスでも、タイトルを獲れてうれしい。シングルスでの初優勝はまだ探している最中だけど、それに値する時に来るものだよ」と、いずれシングルスでの優勝もできるとコメント。
さらに、「僕に先を見通す力はないよ。毎週がチャンスなんだ。今年は1回戦で負けたこともあるし、決勝に進んだこともある。浮き沈みのある時もあったが、毎週ベストを尽くしている。今週も同じことをするが、何が起きるかわからない」と一試合ずつ最善を尽くすとしつつ、「もう一度、自分にタイトルを獲るチャンスを与えたい」とした。

新型コロナウイルスの影響によるツアー中断前には、2大会連続で決勝に進出するなど好調を維持してきたオジェ・アリアシム。弱冠20歳ですでに世界のトップと渡り合える力を持ち、周囲からは将来の世界No.1と期待されている。「最終的には自分のレベルを高め、自分がなれる最高の選手になりたい」。そう語り、今シーズン最後の戦いに挑む。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED