close

2020.12.13

選手情報

「ライバル関係を築くことができる」ナダルがフェデラーの復活に期待

ライバル・フェデラーの復活なるか!?
ナダル「他の選手と対等に渡り合える」

男子テニス世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)が総合金融サービス『Santander Private Banking』のインタビューに応じ、右ヒザのケガのケガで戦列を離れている盟友、ロジャー・フェデラー(スイス)の復帰について語った。

【関連記事】ATPがグローバルキャンペーン「This is Tennis」をスタート! 錦織圭やナダルらの選手動画も公開

フェデラーは今シーズン、全豪オープンに出場したものの、準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、その後は右ヒザの故障のため、大会には出場していない。6月には2度目の手術を受け、コンディションが懸念されていたが、来シーズンは年初に開催を予定している全豪オープンからの復帰を目指している。



一方、フェデラーとナダルと言えば、長きにわたりテニス界を引っ張ってきたビッグ3の一角であり、中でもこの2人のライバル関係は最も美しいものとして称されることが多い。ATPツアーのレベルを極限まで引き上げたのはフェデラーとナダルと言っても過言ではないだろう。

フェデラーについて質問を受けたナダルは、「しっかりと回復して痛みから解放されれば、フル稼働で復帰すると思う」と期待を寄せた上で、「彼にはもうこれ以上証明することは何もない。彼は健康であればいつでも最高レベルのプレーができることを証明してきた。彼は肉体的に良い状態を維持していると思うし、痛みなくプレーできれば他の選手と対等に渡り合える」と、改めてそのポテンシャルの高さを絶賛した。

また、ナダルは「彼がいつまでテニスを続けるかは分からないけど、彼が最高のテニスをして戻ってきてくれたらそれは光栄なことだ。フェデラーがまた戻ってきてくれれば、テニス界にとっても良いことだと思うし、まだまだ僕とのライバル関係を築くことができる」と復帰を心待ちにしている様子だった。

近年は勢いのある若手プレーヤーの台頭もあり、BIG3を取り巻く勢力図も変化を遂げてきているが、再びグランドスラムの決勝でフェデラーとナダルが戦う姿を見てみたいものだ。

文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma