close

2021.01.03

選手情報

「トップに立つために必要なものを持っている」ティプサレビッチがメドベデフの成功を予言

トップになる素質を持つも
メドベデフに足りないもう一つの課題

2019年に現役を引退したヤンコ・ティプサレビッチ氏が世界ランキング4位のダニール・メドベデフ(ロシア)について、「世界のトップに立つために必要なものを持っている」と語っていることを海外メディア『Ubitennis』が報じている。

【関連記事】BIG3を脅かす一人、メドベデフの来季についてセルバラ氏「自信を持ってスタートできる」

2019年にはUSオープン決勝に進出し、続く2020年もパリ・マスターズとATPファイナルズで2大会連続優勝を果たすなど、大活躍を見せているメドベデフ。現在ではテニス界の三銃士、「BIG3(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ)」を脅かす存在とも称されており、今後も大きな飛躍を遂げることが期待されている。

セルビアのスポーツメディア『Spot Klub』のインタビューに応じたティプサレビッチ氏は「メドベデフは素晴らしい選手だよ」と称賛した上で、「彼がグランドスラムのタイトルを獲得するのか、また、彼がナンバーワンになるかどうかはすでに時間の問題だ」と更なる成功を示唆している。

一方でティプサレビッチ氏はメドベデフの弱点について、「現代のテニスを支配するためにはすべてのサーフェスで素晴らしい選手でなければならないが、今のところメドベージェフがクレーコートで良い結果を残せるとは思えない。それは彼のプレースタイルに原因がある」と語っている。

ティプサレビッチ氏の言葉通り、メドベデフはクレーコートを苦手としていることで知られ、通算成績は10勝18敗と大きく負け越している。また、四大大会の全仏オープンでは本戦入りを果たしているが、依然として1度も勝利がない状況だ。

これについてメドベデフ自身はロシア紙の『Sports Express』のインタビューで、「(2020年は)クレーシーズンに入る前に4日間しか準備できなかった。クレーがお気に入りのサーフェスならそれで十分だけど、自分にとっては少なすぎたことが判明した」とし、「これからは(どのサーフェスでも)いい準備をしてから臨みたい」と話している。

10連勝という最高の形で昨シーズンを締めくくったメドベデフ。今季はBIG3の壁を乗り超え、4大大会で優勝を飾りたいところだ。

文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP