close

2021.02.04

大会情報

全豪に衝撃。ホテル従業員から英コロナ変異種が見つかり、4日の試合が「中止」に

選手が宿泊するホテル従業員から変異種が発見される

2月4日夜、テニス・オーストラリア(協会)は、重要な声明と題してリリースを発表した。それによると「ホテル従業員から新型コロナウイルスが検出されたことが判明。ビクトリア州の保険局の指導により、ホテルで隔離されていた全豪オープン関係者が陰性になるまで検査と隔離を行なければならなくなった」と書かれている。 “関係者全員と協力し、できるだけ早く検査を行う”としたテニス・オーストラリアは、2月4日(木)の試合をすべて中止すると発表。金曜日のスケジュールは“木曜日の遅くに発表”するという。

【関連情報】SNSで状況を伝える全豪オープン


地元紙は、新型コロナウイルス陽性となったのが、選手たちが宿泊するホテル従業員である26歳の男性で、イギリスで発見された変異種だったと報道している。そのため、ビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相の指示で、州内で新型コロナウイルスの制限を強化することになったという。首相曰く「全豪オープンに影響を与える可能性は低いものの、最大600人のプレーヤーとスタッフが、新たにPCR検査を受ける必要がある」とのこと。26歳の男性は1月29日に受けたPCR検査では陰性だったが、自覚症状が出て2月2日に再度検査。翌3日に陽性と出たのだという。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP