close

2021.02.08

メーカーズボイス

マンティス〈MANTIS〉テニスラケットを実打レビュー1「PS/CSシリーズ」


マンティス〈MANTIS〉のラケットインプレ(2)
マンティス285PS III
●MANTIS 285 PS III
価格:オープン/フェイスサイズ:100平方インチ/ウエイト(Unstrung):285g/バランス(Unstrung):325mm/フレーム厚:22.5mm-25mm-23mm/レングス:27インチ/素材:ハイモジュラス・カーボン100%/フレックス(Unstrung):RA70/ストリングパターン:16×19/推奨テンション:46〜60ポンド/グリップサイズ:G1、G2、G3 ※ソフトケース付き





編集部(川)
285gとは思えない飛び!
テニスが楽しくなるモデルだ

ボールが食いついて、ストリング全体がたわむというよりは、食いつきつつ、ボールをパンと弾き出すようなイメージ。「285g」にしては、弾きが強いように思う。300gを打った後というのもあると思うが、かなり操作性が高く、ボレーも打ちやすい。ただし、打球感はカチッ、カチッという感じ。300gと同等の面安定性がありながら、よりパワーを求める人に、適したモデルだと思う。実際、285gなら、しっかりスイングできるという人も多いはずだ。
テニスが楽しくなるモデルというのか、ある程度、スイングすることができれば、楽にボールを飛ばしてくれるのがいい。女性の中級者くらいの人でも、十分使用できるだろうし、300gは重くなってきたという男性の方にも使っていただきたいモデルだ。






編集部(広)
今回のシリーズでNo.1のラケット
テニスが楽しくなるモデルである

今回、打った中で一番良かったのはこれ!
かなり! バランスのいいラケットである。個人的には重いラケットのほうが好みで、「マンティス300PS III」も好き。とはいえ、こちらが特別飛ぶという感じではない。振り抜きがいいので、飛んでくれるのだ。また、打球感も柔らかく感じた。ボールを捕まえている時間が長くなるため、スピンもかけやすいし、コントロールも付けやすい。特に、バックハンドスライスはしっかり伸びてくれて、いいボールが打てるなと感じた。
打球感の柔らかさもあるので、ボレーもコントロールしやすい。低いボールもネットしにくいなというのは、個人的にもうれしかった。





続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録