close

2021.02.07

大会情報

錦織・西岡“ベストなスタートではないけれど、全豪に向けてはプラス”と感想。ATPカップグループ3位で終了

錦織“トップ10相手にどうプレーしていたかを感じられた”

2月6日、ATPカップグループD最終戦で日本チームはアルゼンチンチームと対戦。
シングルス1では世界41位の錦織圭(日清食品)が同9位のディエゴ・シュワルツマンに1-6、7-6(4)、0-6で、シングルス2では、世界57位の西岡良仁(ミキハウス)が同44位のギド・ペラに3-6、6(4)-7で敗れて、敗戦が決定。残るダブルスでは今大会初出場の松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)とマクラクラン勉(イカイ)のペアでマキシモ・ゴンザレス/ホラシオ・ゼバロスに挑んだが、2-6、2-6で敗れている。日本はグループD3位で大会を終えた。


ダブルスに臨んだ松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND、写真左)とマクラクラン勉(イカイ)


【動画】錦織圭はトップ10選手と久しぶりの対戦

試合後、錦織、西岡が記者会見に臨んで、共に“ベストなスタートではないけれど、全豪に向けてはプラス”と感想を語っている。

錦織圭
<しっかりリカバーして、全豪オープンに望みたい>
「シーズンの初めとしては、ベストなものではないですね。昨年の全仏オープン以来の試合になったので、長く感じましたけど、それでも、まだ足らない。とはいえ2試合はプレーすることができました。昨年はトップ10プレーヤーとの対戦がなかったので、それができたこと、どんな風にプレーしていたかを感じられたのは良かったです。ベスト・スタートではなかったけど、しっかりリカバーして、全豪オープンに望みたいですね」

西岡良仁
<テニスはすごく良くなってきた>
「我々にとって、これは今年初の大会でした。シングルスでは勝てなかったので、2021年はベストスタートではないですね。ただ、テニスはすごく良くなってきた。ロシア戦より格段に。全豪オープンは、月曜日にプレーしますが、この2日間以上のプレーができると思います。日本チームとしては勝てなかったけど、全豪に向けては良かったと思います」


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録