close

2021.03.02

選手情報

錦織圭が世界19位に快勝で今シーズン初勝利! 「内容が戻ってきているのが嬉しい」と喜び表す<錦織圭の一問一答>

前日練習では笑顔も見せた錦織圭

難敵相手に落ち着いた試合運びで快勝!
トップ20からの勝利は2019年1月以来

3月1日、「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」シングルス1回戦、世界ランキング45位の錦織圭(日清食品)が、同19位のフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)に7-6(4)、6-1のストレートで勝利。今シーズン初勝利を挙げた。

【動画】オジェ・アリアシム戦で錦織圭が見せたビッグプレー!

試合後の会見では、昨年の全仏オープン以来の勝利に「プレーがすごく良かったので嬉しかった」と今の率直な思いをコメント。また、勝負どころとなったファーストセットのタイブレークでも「ファーストサーブが入ってくれたので良かった」と、改良中のサーブが奏功したと語った。

2回戦では、世界ランキング23位アレックス・デミノー(オーストラリア)と同39位ジョン・ミルマン(オーストラリア)の勝者と対戦する。

以下、錦織の一問一答である。

Q.去年、今年と合わせて一番いい試合だったと思うが、これは突然来たのか、それとも試合の前に今回良さそうだという予感はあったのか。

「予感はあんまりなかったですね。でも、何試合か毎試合ごとに良くなっているの感じて、今日も一番良かったと言える試合だったと思います。正直、練習であんまり良くなくて、この何日間。ここのボールとコートが特殊なので、ボールがあんまり好きじゃないと。あんまり良くなかったんですけど、試合に入って突然何となく、ボールが入る気がしたのと、すごく落ち着いて今日はプレーできたかなと思います。アグレッシブさにちょっと欠けていたかなと思いますけど、相手がこういう相手だったので、ミスもするし。攻めは強いけどフリーポイントを与えてくれる選手だったので、どっちかっていうと中間ぐらいでやろうとは思っていた。でも、サーブが良かったですね。前回のオーストラリアとの一番の違いはサーブでフリーポイントがすごく多かったので、そういう面でたぶん楽にキープできたおかげで、まぁ楽ではなかったか…。フリーポイントが結構あったりしたおかげで、自分のストロークのリズムもよくなっていたのかなと思います」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP