close

2021.03.08

選手情報

土居美咲が3大会連続のラッキールーザーでドバイ大会本戦入り。1回戦は世界57位

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ラッキールーザーで本戦入り!チャンスを掴めるか

3月7日より開幕した「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」(アラブ首長国連邦・ドバイ/WTA1000)で、予選で敗れていた土居美咲(ミキハウス)が、ラッキールーザーで本戦入りすることとなった。

【画像】ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権女子シングルスドロー

予選決勝でリャン・エンシュオ(台湾)に敗れた土居だが、欠場者が出たことで本戦入り。「アデレード国際」、「カタール・トータル・オープン」でも予選で敗れていたものの、ラッキールーザーで本戦入りしており、これで3大会連続となった。そのチャンスを生かし、両大会で初戦を突破した土居は、3月8日に発表されたWTAランキングで6つ上昇させ、77位に浮上。大坂なおみに次ぐ、日本人2番手となっている。

今大会の1回戦では、世界ランキング57位のポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)と対戦が決まっており、過去の対戦成績は土居の2勝3敗。直近の2019年「マイアミ・オープン」では、ストレートで敗れている。この試合の勝者は、第8シードのイガ・シフォンテク(ポーランド)と対戦することとなる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ