close

2021.03.10

選手情報

錦織圭、エルベールのサーブを攻略できず。「オープン13プロバンス」1回戦敗退

エルベールにミスが出ず
終始苦しい展開に

ATP250大会「オープン13プロバンス」は、大会2日目、第6シード、錦織圭(日清食品/世界ランク40位)は、ピエール・ユーグ・エルベール (フランス/同93位)と対戦。1-6、4-6で敗退となった。

【動画】錦織圭×エルベールマッチハイライト


キャリアハイ36位というエルベールは、ダブルスでは自己最高2位、キャリアグランドスラムを達成している選手。試合では、200km/h超のサーブに加えて、早いタイミングでネット出てプレッシャーをかけてくるなどで、終始、錦織を苦しめた。

第1セット第2ゲーム、錦織はいきなりブレークを許してしまう。早い仕掛けをしてくるエルベールに対して、錦織は先にミスが出てしまう立ち上がりとなる。
第4ゲームはキープして1-3とするが、その後も、エルベールの思い切りのいいプレーに押される展開に。第6ゲームで再びブレークを許すと1-6で第1セットを落とす。このセット、錦織は、サービスゲームで42%(8/19)しかポイントを奪えなかった。

第2セット序盤はキープが続く。3オールで迎えた錦織サーブの第7ゲーム、不運なポイントもあって、ラブゲームでブレークを許してしまう。3-5で迎えたサービスゲームは、実に11ポイントをかけてキープして望みをつないだが、エルベールのサーブを攻略できず。4-6、1度もブレークポイントを握れずに敗れた。
エルベールは11本のサービスエースを含めて、サービスゲームで79%(37/47)のポイントを奪取。錦織は、相手の思い切りのいいプレーに苦しんだゲームとなった。

錦織の次戦は、3月14日からアラブ首長国連邦・ドバイで開催のATP500「ドバイ・デューティー・フリーテニス選手権」に出場予定。次戦に期待したい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP

関連する記事RELATED