close

2021.03.18

選手情報

シナー&ムゼッティ、イタリアが誇る19歳2人が大活躍中

「イタリア人の活躍に興奮している」とシナー

アラブ首長国連邦・ドバイで開催のATP500大会「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」本戦4日目、第16シード、19歳のヤニック・シナー(イタリア/世界ランク32位)は、第4シード、ロベルト・バウティスタ・アグ(スペイン/同11位)に、6-4、3-6、7-5で勝利。2時間24分という激戦を制して、番狂わせを起こした。

「ロベルトは、とても堅実なプレーをする非常に素晴らしい選手。だから、緩いボールは打てないし、非常にタフな試合だった。でも、僕が成長するために、こういった難しい試合があることはうれしい。そして明日もう1試合プレーすることができる。試合の中で、できるだけ感情をコントロールしようとしていた。それが勝利への助けになったと思う」と語ったシナー。“もう1試合できる”という発言に、彼のモチベーションの高さを感じる。

【動画】シナー&ムゼッティ ハイライト

また、メキシコ・アカプルコで開催中のATP500「アビエルト・メキシカーノ・テルセル・プレゼンタド・ポルHSBC」では、シナーと同じく19歳のイタリア人、ロレンツォ・ムゼッティ(同120位)が驚くべき活躍をしている。

予選から出場のムゼッティは、初戦で第3シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同9位)を6-3、2-6、6-4で撃破。そして昨夜は、フランシス・ティアフォー(アメリカ/同56位)に2-6、6-3、7-6(1)の逆転勝利を果たしたのだ。シュワルツマンはもちろん、ティアフォーも、トップクラスの実力の持ち主である。

昨年、ATPマスターズ1000ローマ大会では、錦織圭(日清食品)、スタン・ワウリンカ(スイス)を倒して3回戦に達しているムゼッティは、「本当に本当にタフな試合だったよ。最後まで、すべてのポイントでファイトが必要だったし、試合が終わった時には涙も出た(笑) 言葉にするのは難しい。一つ言えるのは、今夜はアドレナリンが残っていて、眠れないだろうということだ」と興奮気味に語っている。 

シナーいわくムゼッティについて、「とんでもない才能のかたまりだ。彼はどんなボールを打つこともできるし、すでにフィジカルだって相当なもの。ロレンツォ・ソネゴ(イタリア/同37位)みたいに素晴らしい選手。とんでもないサーブとショットを持っている。イタリア人の活躍に興奮しているよ。誰もが様々な大会で結果を残している」と語っている。

イタリアは現在、マッテオ・ベレッティーニ(同10位)、ファビオ・フォニーニ(同17位)を筆頭にトップ100に8人の選手がいる。その誰もが、ティーンエイジャー2人の活躍に触発されていることだろう。

シナーは今夜、全豪オープンベスト4のアスラン・カラツェフ(ロシア/同42位)と、ムゼッティは、第5シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/同16位)と対戦する。イタリアが誇る2人の19歳の戦いに注目である。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP