close

2020.06.22

選手情報

ディミトロフに新型コロナの陽性反応 ジョコビッチやズベレフとも濃厚接触か

6月21日、世界ランキング19位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が、インスタグラムを更新し、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを報告した。

ベッドに横たわり、黒いマスクをしたディミトロフは、「新型コロナウイルスの陽性反応が出たことをファンや友人に知ってもらいたい。この数日の間に私と接触した人には検査を受けてもらい、必要な措置をとってもらいたいと思う。迷惑をかけたことを申し訳なく思っている。皆さんのサポートに感謝し、どうか安全で健康でいてください」と綴った。

6月13、14日にセルビア・ベオグラードで行われたノバク・ジョコビッチ(セルビア)主催の「アドリア・ツアー」第1戦に参加したディミトロフは、第2戦となるクロアチア・ザダル大会にも参戦。6月20日のボルナ・チョリッチ(クロアチア)との試合後に、体調不良を訴え、自宅のあるモナコに戻って検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性が出たという。
イベント開催前の6月18日には、ジョコビッチやアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、マリン・チリッチ(クロアチア)らとともにバスケットボールを行っており、握手や肩を組んだりした濃厚接触も確認されている。これを受けて、第2戦は中止が発表された。

USオープンや全仏オープンの開催も決定され、テニス界もツアー再開に向けて、一歩ずつ前に進んでいた最中でのディミトロフの感染。これから接触した選手やスタッフらは検査するというが、テニス界にとって大きな影響を及ぼすかもしれない。