close

2021.04.25

テクニック

春からテニスを始める新入生に! テニスのラケット選び、どのようにすればいい? 【後編】

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

男子向け&女子向け
それぞれおすすめのラケット3モデルを紹介!

最後に、現在購入できるラケットの中から、新入生におすすめのラケットを男子向け、女子向け各3モデルを紹介します。


<男子向け>
新入生におすすめのラケット3モデル
※『 』内がモデル名

ヨネックス『VCORE(ブイコア) 100』
フェイス面積:100平方インチ、フレーム厚:22.0~25.0mm、重さ:平均300g



バボラ『PUREDRIVE(ピュアドライブ)』
フェイス面積:100平方インチ、フレーム厚:23.0~26.0mm、重さ:平均300g



ダンロップ『CX(シーエックス) 400』
フェイス面積:100平方インチ、フレーム厚:24.0mm、重さ:平均285g




3本とも、フェイス面積が100平方インチで、重さが約300gとオーソドックスなラケットです。また、フレームがボックス形状のものを選びました。高校生ぐらいの男子はパワーに自信がある人が多いのではないかと思うので、ブンブン振ってもショットがコートに収まってくれる、ややボールの飛びを抑えられるモデルがいいと思います。


<女子向け>
新入生におすすめのラケット3モデル

ウイルソン『ULTRA(ウルトラ) 100L』
フェイス面積:100平方インチ、フレーム厚:23.0~26.0mm、重さ:平均280g



プリンス『BEAST(ビースト) 100(280g)』
フェイス面積:100平方インチ、フレーム厚:23.0~26.0mm、重さ:平均280g



ヘッド『EXTREME(エクストリーム) S』
フェイス面積:105平方インチ、フレーム厚:22.0~26.0mm、重さ:平均275g



選定の理由は、男子のモデルと逆です。フレームがラウンド形状のやや柔らかめのモデルで、ボールをよく飛ばしてくれる反発性の高いラケットを選びました。



ラケット選びについてわかりやすく解説してもらったラケットプラザの椿野孝祐氏


ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に、自分に合ったラケット選びをしてみてください!


※「ラケットプラザ」に行けば、いいことがあるかも!?
ラケットプラザの各店舗(石橋店、江坂店、三宮店、豊中店)では現在、この記事を読んでいただいた方、先着20名にプレゼントがもらえるキャンペーンを実施! 各店舗に行き、お店のスタッフに「テニスクラシックのラケット選びの記事を読んだ」と伝えればOKなので、ぜひこの機会にお店へ足を運んでラケット選びをしてみてはいかがだろうか。


【関連記事】テニス初心者におすすめのラケット12モデルをテニクラオンラインストア厳選紹介【2022年春のおすすめ】

【関連記事】“毎日セールを開催中!” 『テニスクラシック オンラインストア』(テニス公式通販ショップ)は商品数1万点を突破!!

【日本最大級の品揃え!】こんなグッズあったの!? テニクラオンラインストア厳選おすすめギアはこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=ラケットプラザ豊中店

注⽬の記事PICK UP