close

2021.05.08

選手情報

スペインの若き逸材アルカラスが17歳でマスターズ初勝利! 男子“BIG3”がマスターズで初めて勝ったのは何歳のとき!?

17歳のアルカラスがマスターズ初白星!
”BIG3”がマスターズで初めて勝ったのは何歳?

現在、開催されているATPマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード)にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場し、アドリアン・マナリノ(フランス/世界ランク34位)を破ってマスターズ初勝利をあげたスペインの若き天才カルロス・アルカラス(スペイン/世界ランキング120位)。自身の18歳の誕生日と重なった2回戦では、同胞の英雄ラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク2位)に敗れたものの、そのナダルに「すでに素晴らしいレベルにある。近い将来もっと素晴らしい選手になると思う」と言わしめるほど高いポテンシャルを見せた。

【動画】アルカラスのスーパーショット集


2019年より、元世界ランキング1位で全仏オープン覇者のファン・カルロス・フェレーロ(スペイン)氏を正式にツアーコーチとして迎えたアルカラス。そのフェレーロが「来年の目標はトップ50入り。彼ならできると信じている」と語っている。今年の全豪オープンでは予選から勝ち上がり、初のグランドスラムにも出場。本戦1回戦では勝利を収めるなど成長著しい。

そんなアルカラスがテニスを始めたのは4歳のとき。スペインでトップ40に入ったことのあるテニスプレーヤーだった父親の影響からだったという。プライベートでは多くのテニスプレーヤーたちと同様に、サッカーを好む。また、ナダルのようにゴルフもプレーするという。そして、15歳のときにフェレーロのテニスアカデミー「Equelite academy」でトレーニングを開始。19年からフェレーロが正式にツアーコーチとなった。

先日18歳になったばかりのアルカラスは、3年前の18年にプロに転向している。この年、ジュニアデビスカップでスペイン代表メンバーとして戦い、チームを優勝に導いている。そして、これまでチャレンジャー3タイトルとフューチャーズ3タイトルの計6タイトルを獲得し(そのうち4タイトルのサーフェスはクレーコート)、世界ランキングも120位まで上り詰めた。ランキングの中で20歳以下の選手は、ヤニック・シナー(イタリア/世界ランク18位)、ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/世界ランク83位)に続く3番目。この好調さを維持できれば、今年中にトップ50に入るのも夢ではないかもしれない。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録