close

2021.05.11

選手情報

錦織圭、不戦勝で3回戦へ。次戦の相手は前週対戦したズベレフの可能性も[イタリア国際]

写真提供:ゲッティ イメージズ

カレーニョ・ブスタの棄権で
全豪オープンの再戦は次回にお預けに

「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)シングルス2回戦、錦織圭(日清食品/世界ランク45位)は、ピエトランジェリ・コート第3試合で第11シードのパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン/同12位)と対戦予定だったが、対戦相手の棄権(腰痛のため)で3回戦進出が決定した。

【動画】錦織圭が快勝した1回戦のハイライト


昨日の1回戦、錦織はファビオ・フォニーニ(イタリア/同28位)と対戦した錦織は、6-3、6-4のストレート勝利。クレーコート通算100勝(45敗)を達成している。ファーストサーブ成功率は56%と決して高くなかったものの、サービスゲーム全体では、74%と高いポイント獲得率を記録していた。

続く3回戦では、第6シードのアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/同6位)とヒューゴ・デリエン(ボリビア/同128)の勝者と対戦する。
もしズベレフと対戦となると前週、ATPマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」に続いて2週連続となる。その試合では3-6、2-6で敗れているだけに、リベンジを果たしたいところ。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

タグ