close

2021.05.28

選手情報

錦織圭の全仏オープン初戦の相手は予選勝者に! 男子シングルスの組み合わせが発表

写真提供:ゲッティ イメージズ

日本人男子3名がストレートイン!
錦織圭は予選勝者と対戦


5月27日、クレーコート・シーズンの集大成である全仏オープンは、30日に開幕する男子シングルスの組み合わせを発表。日本人選手男子3選手(ここに予選決勝を勝利したダニエル太郎/ミキハウスも加わる)が名を連ね、日本の最上位選手である錦織圭(日清食品/世界ランク49位)は、予選勝者にとの対戦が決定した。

【画像】全仏オープン男子シングルスドロー(組み合わせ)


9年連続11度目となる全仏オープン本戦出場を果たした錦織は、2回戦で第23シードのカレン・カチャノフ(ロシア/同25位)と、3回戦で第11シードのロベルト・バウティスタ・アグ(スペイン/同11位)と、4回戦でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同6位)と、準々決勝で第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)との対戦が見込まれる。

クレーコート・シーズンで前哨戦3大会を戦った錦織は、初戦を突破したもののラファエル・ナダル(スペイン/同3位)やズベレフといったトップ10選手に敗戦。だが、フルセットにもつれる戦いも見せ、調子は上向きに。今大会での最高成績であるベスト8(2015年、2017年、2019年)を越えることができるか注目だ。

また、西岡良仁(ミキハウス/同60位)はジョー・ウィルフリード・ツォンガ(フランス/世界ランク75位)、内山靖崇(積水化学工業/同114位)はマルコ・チェッキナート(イタリア/同92位)との対戦が決まった。

第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、テニス・サングレン(アメリカ)と対戦。同じトップハーフに入り、14度目の制覇を狙う第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)は、アレクセイ・ポピュリン(オーストラリア)と初戦を戦う。2年ぶりの出場となった第8シードのロジャー・フェデラー(スイス)は、予選勝者と対戦に。準々決勝でジョコビッチと対戦する可能性がある。一方、ボトムハーフでは、第2シードのダニール・メドベデフ(ロシア)は、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)との対戦。過去2度の決勝進出を誇る第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は、パブロ・アンドゥハル(スペイン/同68位)と戦うことになった。

<日本人男子組み合わせ>
錦織圭(日清食品) vs. 予選勝者
西岡良仁(ミキハウス) vs. ジョー・ウィルフリード・ツォンガ(フランス)
内山靖崇(積水化学工業) vs. マルコ・チェッキナート(イタリア)
※本日の予選決勝に勝利したダニエル太郎(ミキハウス)も加わる

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録