close

2021.06.15

メーカーズボイス

Prince x HYDROGEN[プリンス×ハイドロゲン]第3弾!テニスラケットは衝撃の”ビカビカ”『クローム加工』

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存


コンセプトは「この父にしてこの子あり」
<子供と共にクールにテニスをやろう!>

実は、このラケットには、一つのコンセプトがある。それは「LIKE FATHER LIKE SON(この父にしてこの子あり)」というキーワード。今回の「クローム100(300g)」では、自身がモデルとなって広告ビジュアルを撮影しているのだが、なんとブレージ氏の息子もそこに写っている。そして、その手に持っているラケット「GRAFFITI(グラフィティ)」も、合わせてブレージ氏がデザインしている。



ハイドロゲンのブレージ氏と共に広告ビジュアルになっているのは実の息子


“グラフィティ”とはスプレーやフェルトペンなどを使い、絵や文字を壁などに描くストリート文化。「GRAFFITI(グラフィティ)」には、テニスにまつわる文字が“グラフィティ”のようにフレームにあしらわれている。
「軽量で扱いやすい。スイートエリアを外したとしても、パワーも発揮してくれる。バランスのいい16×19というストリングパターンというのも特徴。ボールにスピードを与えてくれる」とブレージは説明している。
モデルは25インチモデルと26インチモデルの2種類。フレーム素材には、アルミだけでなくカーボンも使用というこだわりもある。

これまでにないピカピカの「クローム100(300g)」は7月3日発売予定、そしてキッズのために作った「GRAFFITI(グラフィティ)」は6月から発売中。それはブレージ氏からの “親子でクールにテニスを楽しもう”という提案である。いずれも数量限定。気になる方は、早めに動いたほうが良さそうだ。







取材協力 グローブライド株式会社
➿(フリーダイヤル ) 0120-506-204

プリンス公式オンラインショップ
https://www.princeshop.jp/shop/default.aspx

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録