close

2021.06.16

選手情報

ズベレフ、全仏OPから中3日で芝シーズンへ。苦戦も初戦突破で「2日間の準備にしては悪くない」[ノベンティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ズベレフ、同胞コプファーに苦戦も初タイトルへ「悪くない」

「ノベンティ・オープン」(ドイツ・ハレ/ATP500)シングルス1回戦、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/世界ランク6位)が、ドミニク・コプファー(ドイツ/同53位)を6-4、3-6、6-3のフルセットで下し、2回戦進出を果たした。

【動画】ズベレフ、同胞コプファーにフルセット勝利 マッチハイライト

6月11日に行われた全仏オープン準決勝でステファノス・チチパス(ギリシャ/同4位)に敗れたズベレフは、中3日を空けてサーフェスの全く異なる母国大会に出場。大会前には「好きな大会の一つ。絶対に勝ちたい大会だ」と意欲を見せていた。

だが、やはり芝への対応は簡単ではない。この日の試合ではコプファーにラリーの主導権を握られる場面も多く、滑ってくるボールに対してタイミングが合わないこともあった。それでも第1セットでは1-4から、その後ブレークして追いつくと、相手のダブルフォールトで2度目のブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをキープし、5ゲームを連取して第1セットを奪った。

第2セットこそコプファーにワンチャンスをものにされて奪われたものの、ファイナルセットのサービスゲームでは、わずか3ポイントしか落とさず。第8ゲームでブレークしたリードを守り切り、2回戦進出を決めている。

試合後、ズベレフは「たった2日間の準備にしては悪くなかった。期待していたほど動けなかったが、2回しか練習していないんだから普通のことだ。自分のリズムを見つけて好きな大会を楽しみたい」とした。

ツアー15勝を挙げているズベレフだが、芝大会のタイトルは唯一手にできていないサーフェス。ATP500ハレ大会は、過去5度の出場があり、2016、2017年大会では決勝に進出しており、いずれも準優勝に終わっている。6月28日に開幕するウィンブルドンを前にどこまで調子を上げることができるのか楽しみだ。2回戦では、ウーゴ・アンベール(フランス/同31位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP