close

2021.07.16

選手情報

デミノーが新型コロナ陽性で東京オリンピックを欠場[東京オリンピック]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

出発直前の検査で2度陽性となってしまった
オーストラリアNo.1選手デミノー


7月16日、オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)は、アレックス・デミノー(オーストラリア/世界ランク17位)が、直前検査で新型コロナウイルスの陽性が発覚したため、東京オリンピックを欠場すると発表。デミノーも自身のSNSで「非常に残念」と綴った。

【SNS】東京オリンピック欠場を伝えるデミノー


スペインにいたデミノーは、東京オリンピックからの要請により、出発の96時間前、72時間前のPCR検査を実施。両方とも陽性になってしまったという。

デミノーは自身のInstagramで「出発の数日前に陽性が出てしまったため、東京オリンピック欠場となり非常に残念です。東京オリンピックでオーストラリアを代表してプレーすることを本当に楽しみにしていました。今回は自宅からオーストラリアの代表選手をサポートし、2024年のパリオリンピックでグリーン&ゴールドを着ることを楽しみに待ちます。私は必ず戻ります」と綴っている。

またAOCのイアン・チェスターマン副会長は、「大会が近い中で陽性が発覚したアレックスの心情は察するに余りあるもの。オーストラリアを代表することを喜んでいて、最初のオリンピックをとても楽しみにしていたことを知っている。しかし、これが世界の現実だし、東京オリンピックを、安全かつ確実に運営するために必要な対策でもある。オーストラリア代表と日本のコミュニティの安全は最優先事項であり、アレックス、そして私たちにとって悲しい結果となってしまった」とコメントを出している。

オーストラリア・オリンピック委員会は、本日、国際テニス連盟(ITF)に通達。デミノーがダブルスを組む予定だったジョン・ピアーズ(オーストラリア)が別のパートナーとプレーできるかは、ITFの判断に委ねられるという。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP