close

2021.08.11

選手情報

錦織圭、サーブに不安見せるも世界59位にフルセット勝利で2回戦進出[ナショナル・バンク・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、世界59位のケマノビッチをフルセットで下し2回戦進出

8月10日、「ナショナル・バンク・オープン」(カナダ・トロント/ATPマスターズ1000)シングルス1回戦が行われ、錦織圭(日清食品/世界ランク55位)が、ミオミール・ケマノビッチ(セルビア/同59位)を6-4、6(5)-7、6-2のフルセットで下し、2回戦進出を果たした。

【動画】錦織圭、足元への難しいハーフボレーも柔らかなタッチで魅せる!

先週行われた「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)で、約2年3ヵ月ぶりにツアー4強入りを果たした錦織。だが、東京オリンピックから2週間でシングルス、ダブルス合わせて12試合を戦ったハードスケジュールのためか、準決勝敗退後に肩の痛みがあるとコメント。サービスゲームの不安を口にしていた。

今大会、8度目の出場となった錦織の初戦の相手は、セルビアの若手ケマノビッチ。2020年9月のATP250キッツビュール大会で6-4、4-6、2-6と逆転負けを喫し、0勝1敗となっている。

この日の試合序盤、錦織はサーブスピードが出せないものの、ストローク戦で主導権を握り、サービスキープを続ける。第5ゲームでブレークに成功すると、ケマノビッチにブレークポイントを握られることなく、6-4でセットを奪った。

第2セット、第2ゲームでミスが重なりブレークを許した錦織だが、直後のゲームですぐさまブレークバック。その後、互いにサービスキープを続けタイブレークに突入する。そのタイブレーク、錦織は3-5から追いついたものの、5-5で2度目のミニブレークを許し、第2セットを奪われた。

勝負のファイナルセット、第1ゲームのピンチをしのいだ錦織は、第2ゲームで積極的に攻撃。ラブゲームでブレークに成功すると、第4ゲームでもサービスゲームを破って、4-0とリードを広げる。第5ゲームではブレークを許したものの、5-2でこのセット3度目のブレークに成功し、フルセットでケマノビッチを破った。

勝利した錦織は、2回戦で第7シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同13位)と対戦。2019年に2度の対戦があるものの、いずれもフルセットでフルカチュが勝利している。錦織は、今シーズン2勝を挙げているフルカチュから初白星を挙げることができるか注目だ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録