close

2021.08.16

選手情報

西岡良仁、初戦は世界49位のハリスと対戦。予選を勝ち抜いて本戦入り[ウェスタン&サザン・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

西岡良仁、2年前に錦織圭らを破った大会で本戦入り

8月15日、「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ/ATPマスターズ1000)シングルス予選決勝が行われ、西岡良仁(ミキハウス/世界ランク57位)は、リカルダス・ベランキス(リトアニア/同84位)を6(6)-7、7-5、6-2のフルセットで下し、本戦入りを果たした。

【画像】西岡良仁、予選突破で満面の笑み!

この日の試合、第1セットをタイブレークで落とした西岡は、続く第2セットでも序盤に2度のブレークを許して、0-4とされてしまう。だが、ここから3度のブレークでセットを奪い返すと、ファイナルセットではブレークポイントすら握らせず、逆転勝利を飾った。

試合を通し、西岡はサービスゲームで安定してポイントを獲得。リターンゲームでは、64%という高いセカンドサーブポイント獲得率を残した。

2年前の同大会で、予選を勝ち上がって、錦織圭(日清食品/当時世界ランク5位)らを下し、ATPマスターズ1000では最高成績となるベスト8入りを果たしている西岡。前週に行われたATPマスターズ1000トロント大会では、「予選と言えどもタフになってくるので、簡単ではない。テニスが悪いという感覚ではないので、自信を持って戦う大会だと思う」と語っていた。

本戦1回戦では、ロイド・ハリス(南アフリカ/同49位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP