close

2021.08.24

選手情報

大坂なおみが約6ヵ月ぶりに3位に。前週トップ10を2人破ったテイヒマンが急上昇。8/23付WTAランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

大坂なおみがサバレンカに抜かれ、約6ヵ月ぶりに3位に後退

8月23日、WTAは世界ランキングを更新。大坂なおみ(日清食品)は、ランキングを1つ下げて、約6ヵ月ぶりに3位に後退。日比野菜緒(ブラス)は、変わらず71位をキープし、土居美咲(ミキハウス)は、1つ下げた96位となった。

【画像】WTAランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

大坂は、東京オリンピックから約3週間ぶりに大会に出場。「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ/WTA1000)に2回戦から登場し、初戦でコリ・ガウフ(アメリカ)を下したものの、3回戦でジル・テイヒマン(スイス)にフルセットで敗れた。ランキングでは、アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)に抜かれ、今年2月以来となる3位に後退した。

同大会で優勝を果たしたアシュリー・バーティ(オーストラリア)が変わらず1位に。大坂やプリシコワらを破り決勝に進んだテイヒマンは76位から44位に上昇。ベスト4入りを果たしたアンゲリーク・ケルバー(ドイツ)が5つ上げ、17位となり約1年7か月ぶりにトップ20入りしている。

その他、日本勢では試合出場のなかった日比野が変わらず71位を維持。土居がランキングを1つ落とした96位となっている。ダブルスランキングでは、青山修子(近藤乳業)、柴原瑛菜(橋本総業HD)が変わらず、9位となっている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録