close

2021.08.24

選手情報

錦織圭はランクを下げて55位に。5度目のマスターズ制覇を果たしたズベレフが4位。8/23付ATPランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭が1つ下げた55位に、西岡良仁は11下げて68位

8月23日、ATPは世界ランキングを更新。錦織圭(日清食品)がランキングを1つ下げた55位に、西岡良仁(ミキハウス)は11下げた68位となった。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

錦織は、今月上旬に行われた「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)で、右肩の痛め、翌週の「ナショナル・バンク・オープン」(カナダ・トロント/ATPマスターズ1000)で初戦を突破したものの、2回戦を棄権。先週行われた「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ/ATPマスターズ1000)の出場を辞退している。同大会では、西岡が予選を勝ち抜いて日本人唯一の本戦出場を果たしたが、1回戦でロイド・ハリス(南アフリカ/世界ランク46位)にストレートで敗れている。

同大会で優勝を果たしたアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が、ラファエル・ナダル(スペイン)を抜いて4位に。また、約2年4ヵ月ぶりにATPマスターズ1000大会でベスト8入りを果たしたフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)が15位、キャリア通算500勝を達成したガエル・モンフィス(フランス)が20位と順位を上げている。

今週は、「ウィンストンセーラム・オープン」(アメリカ・ウィンストンセーラム/ATP250)が開催。トップ10からの出場はなく、日本勢から綿貫陽介(日清食品/同255位)が予選決勝で敗れたものの、ラッキールーザーとして本戦入り。初戦でジャウメ・ムナール(スペイン/同64位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP