close

2021.08.29

選手情報

大坂なおみ、ダニエル太郎の試合が大会初日に組まれる[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

大坂戦はナイトマッチ第1試合で登場

現地8月30日からスタートするUSオープン、その大会初日の試合予定が発表となり、前年女王の大坂なおみ(日清食品/世界ランク3位)、ダニエル太郎(エイブル/同109位)の試合が組まれた。

【画像】USオープン大会初日の試合予定


アーサー・アッシュ・スタジアム(センターコート)のナイトセッション第1試合(現地19:30以降試合開始)に組まれたのは大坂とマリー・ブーズコワ(チェコ/同86位)の試合。ブーズコワに対しては過去1勝0敗。昨年の全豪で対戦し、ストレートで勝利を果たしている。

事前の記者会見では、「自分のプレーには満足している。シンシナティ(WTA1000ウェスタン&サザン・オープン)ではタフな試合を2度したし、相手はとてもいいプレーをしていた。そういう意味では、試合のリズムが必要なのかもしれない。今の自分には自信があるけど、すごいことをして見せると宣言しているわけではなく、1試合1試合を大切にしたいと思う。それで最終的にうまくいくといい」と語っていた大坂。まずは初戦を確実に勝利して、調子の波に乗っていきたいところである。

なお、大坂は初戦を突破すると、シード勢が順当に勝ち進んだ場合は、3回戦で第31シードのユリア・プチンツェワ(カザフスタン/同33位)、4回戦で第16シードのアンゲリーク・ケルバー(ドイツ/同17位)、準々決勝で第5シードのエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/同6位)、準決勝で第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ/同2位)、決勝でアシュリー・バーティ(オーストラリア/同1位)と対戦する可能性がある。

そして12番コート第1試合では、ダニエルとファクンド・バグニス(アルゼンチン/同79位)の試合が組まれている。

そのほか、センターコート第2試合では、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)対アンディ・マレー(イギリス/同114位)、グランドスタンド第2試合で第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/同7位)対イボ・カルロビッチ(クロアチア/同223位)といった注目試合も組まれている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録