close

2021.08.28

選手情報

杉田祐一、予選決勝でカルロビッチにストレートで敗れる。4度目の本戦入りならず[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

杉田祐一、USオープン4度目の本戦入りならず

8月27日、USオープン予選最終日が行われ、男子シングルス予選決勝で、第15シードの杉田祐一(三菱電機/世界ランク131位)は、イボ・カルロビッチ(クロアチア/同223位)に3-6、6(5)-7のストレートで敗れた。

【画像】錦織圭ら日本人選手3名が出場! USオープン男子シングルス本戦ドロー(組み合わせ)

2009年から13年連続でUSオープンの地に足を踏み入れた杉田は、予選1回戦でマリオ・ビレラ・マルティネス(スペイン/同162位)を3-6、6-3、6-2、予選2回戦でタナシ・コキナキス(オーストラリア/同186位)を7-6(4)、4-6、7-6(4)と、接戦をものにして決勝に進出。予選決勝では、今大会で引退すると言われているカルロビッチとの対戦となった。

この日の試合、先にリードを許した杉田は、第7ゲームで追いついたものの、直後のゲームで再びリードを許し、3-6で第1セットを落としてしまう。続く第2セット、挽回したいところだったが、サービスエース数歴代ナンバー1の記録を持つカルロビッチのビッグサーブを前に、チャンスを作ることができない。セット終盤にはブレークポイントをしのぎ、タイブレークに持ち込むもあと一歩及ばず、4度目のUSオープン本戦出場とはならなかった。

今大会、2年ぶりに予選が行われることとなったものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により無観客開催。予選は24日から27日まで行われ、3試合を勝ち抜くと本戦に出場することができる。

杉田のほか、日本人男子では内山靖崇(積水化学工業/同123位)、添田豪(GODAI/同187位)、伊藤竜馬(橋本総業HD/同241位)が出場していたが、予選で敗退。また、女子では奈良くるみ(安藤証券/世界ランク176位)、日比万葉(グラムスリー/同211位)、本玉真唯(島津製作所/同214位)、内藤祐希(亀田製菓/同222位)も予選で敗退している。

<8月27日の日本人試合結果>
杉田祐一 3-6 6(5)-7 イボ・カルロビッチ(クロアチア/同223位)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP