close

2021.08.27

選手情報

大坂なおみ、US3度目優勝でレジェンドたちに並ぶか[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

過去3大会で18戦17勝と相性のいいUSオープン

8月26日、USオープンは、30日に開幕する女子シングルスの組み合わせを発表。大坂なおみ(日清食品/世界ランク3位)の初戦の相手は、マリー・ブーズコワ(チェコ/同86位)に決まった。

【動画】優勝した2020年大会ハイライト


その大坂について、USオープンの公式サイトが「3度目の優勝を果たしてレジェンドに並ぶか!?」と特集している。2018年、USオープンでグランドスラム初優勝を成し遂げた大坂。その後、翌2019年全豪オープン、2020年USオープン、2021年全豪オープンと4度グランドスラムを制している。

そして、今大会で優勝となるとUSオープン(オープン化以降)を3度制しているマーガレット・コート(オーストラリア、歴代1位のグランドスラム24勝)、ビリー・ジーン・キング(アメリカ)、キム・クリスターズ(ベルギー)に並んで、USオープン優勝回数で5位タイになる(1位はクリス・エバート/アメリカの6度優勝)。

また、1997年に世界最大のテニス専用競技場としてアーサー・アッシュ・スタジアムが完成して以降では、全豪&USを同一年に制した3人目の選手になるという(1997年にマルチナ・ヒンギス/スイス、2016年にアンゲリーク・ケルバー/ドイツが達成)。


今大会、大坂はまず1回戦で、ブーズコワと対戦(2020年全豪オープン1回戦で対戦して6-2、6-4で勝利)。以降、シード勢が順当に勝ち進んだ場合は、3回戦で第31シードのユリア・プチンツェワ(カザフスタン/同33位)、4回戦で第16シードのケルバー(ドイツ/同17位)、準々決勝で第5シードのエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/同6位)、準決勝で第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ/同2位)、決勝で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア/同1位)との対戦する可能性がある。

過去3年間でいえば、USオープンでは18戦17勝と相性のいい大坂。見事3度目の優勝を果たしてレジェンドに並ぶか。期待が高まる大会となる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録