close

2021.09.04

選手情報

上地結衣が銀メダル。宿敵デグロートに対して粘りを見せるも敗戦[東京パラリンピック]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

最後まで戦い抜き、見事銀メダルを獲得した上地

9月3日、東京パラリンピックテニス競技8日目。女子シングルスの上地結衣(三井住友銀行/女子世界ランク2位)は決勝で、ディーデ・デグロート(オランダ/同1位)と対戦。3-6、6(1)-7で敗れ、銀メダルとなった。

【SNS】女子シングルス決勝の結果を伝えるITFのツイッター


準決勝で、元世界No.1のアニーク・ファンクート(オランダ)を6-4、6-2で下して決勝に進出。5連敗中のデグロートと対戦した上地にとって、東京での金メダルは是が非でも欲しいもの。だからこそ、リードをされても、最後まで集中力を切らさなかった。

第1セットを奪われ、第2セットもリードを許す展開。ゲームカウント3-5、そして続くゲームでも何度となくマッチポイントを握られたが、凌いでタイブレークに持ち込む。しかし、粘りもそこまで。6(1)-7で敗れた。

「金メダルを奪えなかったことは残念。応援してくれた人たちに金メダルを見せたかった。今日の試合、練習してきたことを発揮できたが、彼女を倒すには十分ではなかった」と語った上地。試合後に、本人も語っていたが、最後まで諦めずに戦う姿勢は見ている者の心を動かしたはず。

夢の続きは、3年後のパリパラリンピックへ。日本のエースの戦いに今後も注目していきたい。
なお銅メダルは、3位決定戦で勝利したジョーダン・ワイリー(イギリス)が獲得している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP