close

2021.09.17

メーカーズボイス

プリンスのポリエステル・ストリング(ガット)3種類を佐藤武文プロが打ち比べ! 第一弾「TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)」のインプレとは!? ストリングの選び方も紹介

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

『TOUR XX SPIN』に
新色オプティックグリーンが追加!

プリンスから発売中のストリング『TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)』。衝撃を極めて少なくした日本人向けのポリ・ストリング(ガット)として人気だが、同モデルに新カラー「オプティックグリーン」が10月下旬に追加される。さらに続けて、新素材で作られたポリエステル・ストリング(ガット)『PHANTOM PRO(ファントム プロ)』『PHANTOM TOUCH(ファントム タッチ)』も新発売される。この秋、プリンスから発売されるポリ・ストリング(ガット)3種類を、GAORA解説でもおなじみの佐藤武文プロによる試打を実施! 製品の特徴とともに、佐藤プロによるインプレッションを2回にわたってお届けする。第一弾の今回は、新色「オプティックグリーン」が追加される『TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)』について紹介する。



佐藤武文プロ〈プロフィール〉
さとう・たけふみ。東京都出身。亜細亜大学卒。関東学生でダブルス2連覇、インカレダブルス・ベスト4、全日本選手権ダブルス・ベスト16。25歳で現役引退。プロ選手のヒッティングパートナーからツアーコーチになり、森上亜希子、吉田友佳、小畑沙織、岡本聖子、高雄恵利加、田中真梨、澤柳璃子らと共に海外遠征を行う。指導した選手は20人を超える。スポーツチャンネルGAORA解説者。DAZN解説者。日本テニス協会広報部員。明治大学庭球部情報テクニカルコーチ。自身のアパレルブランド「TOKYO UNDERGROUND TENNIS CLUB」のディレクター、デザイナーを兼務。



ストリング(ガット)はラケットと同じぐらいテニスで重要だが、テニスショップに行くと実にさまざまな種類のモデルが並んでおり、どれを選んでいいのか正直わからない…と悩みを持っている人も多いのではないだろうか。そこで、製品の特徴を紹介する前に、ストリング(ガット)をどのように選べばいいのか、ポリエステルのストリング(ガット)を選ぶ際の判断基準について、佐藤プロとプリンスの商品企画を担当する相馬安紀氏に聞いた。

進化している最近のポリ・ストリング(ガット)。
ただし、「柔らかい」「飛ぶ」など
評価は人によって異なる


まず切り出したのは佐藤プロ。「ポリ・ストリング(ガット)は、手首やヒジが痛くなったりするイメージがありますよね」と語っていたが、同じように感じている一般プレーヤーも多いのではないだろうか。しかし、プリンスの商品企画を担当する相馬氏は「けれど、最近のポリエステルのストリング(ガット)は、素材が新しくなったものや、製造法が変わったものなど大きく進化しているので、そうしたイメージがくつがえると思いますよ」とコメント。ポリだけれど、衝撃を吸収してくれる柔らかいものも市場に出ているので、ぜひ新しく発売されているストリング(ガット)を試してみてほしい、ということだ。

続けて、相馬氏がこう語る。「ポリエステルのストリング(ガット)は、プレーヤーによって評価が全然違ってくるものなんですね。同じストリング(ガット)でも、評価が正反対になります。例えば、今回の『TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)』は、大学の体育会でプレーしているようなスイングスピードの速い男子学生が使うと“柔らかすぎて、ボールが思うように飛んでくれない”という評価になる。けれど、週一でテニススクールに通ってテニスを楽しんでいるような男性にとっては“よく弾いて、飛んでくれる”という評価になります。プレースタイルやスイングスピードが違う人が打つと、“硬い/柔らかい”や“飛ぶ/飛ばない”のインプレッションが反対になることがあるんです」と強調した。

プリンス商品開発の相馬●●氏
プリンスの商品企画を担当する相馬安紀氏

それを受けて、佐藤プロは「自分がどのようなプレースタイルか、スイングスピードがどのぐらいなのかをきちんと把握し、同じレベルの人の意見を聞くのがいいと思います。もしくは、詳しい人に自分のプレーを見てもらって、アドバイスを受けるのも◎。ラケットが持つよさや特性を発揮できるかは、どのストリング(ガット)を張るのかでも変わってくるものです。仲間に“このモデルを勧められたから”といった理由でストリング(ガット)を選ぶのではなく、テニスショップのストリンガーさんなど専門家に相談してみるのもおすすめです」と話していた。このほか、ゲージの太さやテンション、張り替えのタイミングなどにも注意すべきポイントがあるという。これらのポイントについては、第二弾(9月末配信予定)で紹介する予定なので、お見逃しなく!


ポリ初心者におすすめ!
衝撃が極めて少ないポリ・ストリング(ガット)
『TOUR XX SPIN』

今回、佐藤プロに試打してもらったプリンスの『TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)』は、数あるポリ・ストリング(ガット)の中でも、最も衝撃が少ないモデルとして人気を博している。その優れた衝撃吸収を可能にしているのが、「ファイブバルブ製法」という製造法だ。基本的にポリエステル・ストリング(ガット)は、ノズルから出てくる1本の糸を冷やしたり引っ張ったり、少しねじったりするなどして作られる。一方、このファイブバルブ製法では、5本のノズルから出てくる糸をよじって1本の糸にしている。そうすることで溝ができ、インパクト時の衝撃を吸収したり、ボールの引っかかりをよくしてくれるというわけだ。目を凝らしてストリングの表面をよく見ると、ザラザラしているのがわかるはず。


5本の糸を特殊製法(ファイブバルブ製法)により編み込んでいる。拡大画像の多数の溝がポイントだ!

柔らかい打ち心地ながらも、よくスピンがかかる『TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)』。「ポリとは思えない」とコメントする人が続出しているという。特に、1.25mmの17ゲージは、初めてポリに挑戦したいという人や、そこまでスイングスピードは速くないけれどポリを使ってみたい、といった一般プレーヤーにおすすめだ。また、テニスショップ「ウインザー」の店舗でプリンスのラケットを購入した際、サービスとしてストリングを選べるのだが、ポリを選んだ場合はこのモデルになるという。新しいラケットを購入予定で、ポリを使ってみたいという人は、これでポリを選択して試してみるのも一つの手だろう。


今回は『TOUR 100』にストリング(ガット)50ポンドで張り上げ

そうした『TOUR XX SPIN(ツアー ダブルエックス スピン)』に今回、新カラーの「オプティックグリーン」が追加! “ポリは黒”というイメージが強いが、発色のいいグリーンならテニスコートで目立つことは間違いない。また、明るいカラーリングなので、ちょっと気分を上げてくれるのにも役立ってくれるはずだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録