close

2021.09.30

選手情報

プライバシーも重要! ベレッティーニやシャポバロフらテニス選手のカップルに人気のデート&旅先を紹介

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

テニス界のビッグカップル、トムヤノビッチとベレッティーニ

テニスプレーヤー同士のカップルが
訪れたデート先&旅先を紹介!

テニスプレーヤーの生活は非常にユニークであり、世界中を飛び回ってトーナメントに参加するため、恋愛関係を継続するのがなかなか難しい職業だと言えるだろう。しかし、相手もテニスプレーヤーなら話は別だ。大きな大会になれば男女の試合が同じ場所で開催されるし、年始はオーストラリア、クレーシーズンはヨーロッパなど地域を調整することで可能な限り時間を共有することも可能だ。今回は、そんなテニスプレーヤーたちのカップルが実際に訪れた旅先を紹介する。

シャポバロフらが訪れていた
ギリシャ・サントリーニ島

【SNS】サントリーニ島に訪れたシャポバロフと恋人のラブラブな様子

男子世界ランキング13位のデニス・シャポバロフ(カナダ)と女子同247位でスウェーデン人のMirjam Bjorklundのカップルは、ギリシャのサントリーニ島を訪れていた。ビジュアル的にも非常にお似合いな2人。交際をオープンにしており、インスタグラムにも頻繁に登場し、互いの試合を観戦する姿も目撃されている。彼女のBjorklundは、シャポバロフとの交際が順調なためかランキングを徐々に上げてきており、7月にスウェーデン・バスタッドで開催されたノルデア・オープン(WTA125)のダブルスで優勝している。お互いにとって公私ともにいい効果をもたらしていると言えそうだ。

モンフィス&スビトリーナ夫妻が訪れていた
フランス・カンヌ

【SNS】カンヌでの滞在を楽しむモンフィス&スビトリーナ

この夏に結婚したばかりのガエル・モンフィス(フランス/同20位)とエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/同6位)。この2人は一度破局したのち、復縁してすぐに婚約、結婚した。さまざまな場所をともに旅しているが、フランスのカンヌもそのうちの一つだ。カンヌではボートに乗ってリラックスしている姿が見られた。スビトリーナはモンフィスよりもランキング上位につけており、先日の東京オリンピックでも銅メダルを獲得。スビトリーナの練習にモンフィスが同行することも多いようだ。この2人は個別のインスタアカウントの他に「g.e.m.s.life」という共同アカウントも運営しており、2人が作った笑える動画も数多くアップされている。

ベレッティーニ&トムヤノビッチが訪れていた
オーストリア・ウィーン

【SNS】買い物を楽しむベレッティーニ&トムヤノビッチ

素晴らしいサーブで実力を上げているマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同7位)とアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア/同44位)。クロアチア出身で現在オーストラリア国籍のトムヤノビッチは、彼と故郷のウィーンを訪れていた。ウィーンでは買い物を楽しんだようだ。インスタグラムには、ジムで一緒に汗を流す様子やベレッティーニの居住地であるモナコのモンテカルロを訪れる様子などもアップされている。先日ニューヨークで行われた「メットガラ」にもドレスアップをしてともに出席していた。

アレックスデミノー&ボールターがデート!
アメリカ・ニューヨーク

【SNS】セントラルパークでリラックスした様子を見せるデミノー

USオープンに際してニューヨークのセントラルパークを訪れていたアレックス・デミノー(オーストラリア/同26位)と交際相手のケイティー・ボールター(イギリス/同157位)。ボールターは先日のウィンブルドン2回戦でアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ/同)から1セットを奪い、その活躍が注目された。ともにUSオープンにも出場しており、その際はセントラルパークでデートを楽しんだようだ。

破局したティエム&ムラデノビッチが訪れていた
モルディブ

かつて交際していたドミニク・ティエム(オーストリア/同8位)とクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス/同62位)。彼らは別れる直前にモルディブを訪れていた。モルディブは他の滞在客と会う機会が少なく、プライバシーが守りやすい場所としてセレブに人気のリゾート地だ。かつては仲睦まじい姿がインスタグラムにアップされていたが、現在は削除済み。ティエムは現在、別の女性と交際中のようだ。

選手同士のカップルは成就しやすい!?

アンドレ・アガシ(アメリカ)やロジャー・フェデラー(スイス/同9位)をはじめ、互いにテニス選手だった夫婦は珍しくない。過酷な状況でのメンタルケアやツアーへの同行など、選手同士だからこそ分かりえる部分も多いのだろう。今後もテニスでの活躍と合わせファンを楽しませてくれそうだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP