close

2021.10.04

選手情報

小田凱人、高野頌吾、川合雄大が活躍、ジュニア代表初の世界一に[2021BNPパリバ・ワールド・チーム・カップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:一般社団法人日本車いすテニス協会

ジュニア代表が決勝でイギリスを2勝1敗で退ける

10月3日、車いすテニスの国別対抗戦、「2021BNPパリバ・ワールド・チーム・カップ」最終日が行われ、日本ジュニア代表は決勝でイギリスと対戦。2勝1敗で勝利し、世界一に輝いた。

【動画】日本対イギリス ジュニア決勝


ラウンロビン戦を3戦全勝し、ノックアウト・ラウンドに進んだ日本ジュニア代表は、準決勝でオランダと対戦。2勝1敗で勝利して決勝進出を果たすと前回(2020年大会)準優勝のイギリスと対戦する。

まずシングルス2で高野頌吾(トップアスリートグループ/ジュニア世界ランク11位)が出場。ダーノン・ワード(同5位)に3-6、2-6で敗れるが、続くシングルス1で小田凱人(岐阜インターナショナルテニスクラブ/同1位)が同2位のベン・バータムに6-2、6-2で勝利。ダブルスに勝負を持ち込むと、小田/高野ペアがバータム/ワードに6-2、7-6(2)で勝利し、大会初優勝を果たした。

なお男子代表は5位、女子代表は準優勝、クアード代表は4位となっている。



2021BNPParibasWorldTeamCupイタリア大会
■日程:2021年9月27日(月)~10月3日(日)
■場所:イタリア
■代表選手・スタッフ
●監督:中澤吉裕
●男子クラス/コーチ:三浦雄一、選手:三木拓也/荒井大輔/鈴木康平/藤本佳伸
●女子クラス/コーチ:遠藤義文、選手:上地結衣/大谷桃子/田中愛美/高室冴綺
●クアードクラス/コーチ:森智広、選手:菅野浩二/川野将太/宇佐美慧
●ジュニアクラス/コーチ:中澤吉裕(監督兼任)、選手:小田凱人/高野頌吾/川合雄大
●トレーナー:馬場歩/宇治野藍/山口智也、マネージャー:佐藤慶/佐々木留衣、看護師:木下敦子(JPC派遣)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP