close

2021.10.28

選手情報

モンフィス初戦勝利。スーパーディフェンスで観客を沸かす[エルステバンク・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

予想以上のプレーで観客を沸かせたモンフィス

現地10月27日、「エルステバンク・オープン」(オーストリア・ウィーン/ATP500)男子シングルス1回戦、ガエル・モンフィス(フランス/世界ランク21位)は、ワイルドカードで出場のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/同67位)と対戦。7-6(2)、6-4で勝利した。その試合の中で、18本のラリーの末にポイントにするスーパーディフェンスを見せた。

【動画】モンフィスのスーパーディフェンス&ジャンピングスマッシュをチェック

【動画】モンフィス対ムゼッティマッチハイライトをチェック


そのシーンが生まれたのは、モンフィス6-5で迎えた第1セット第12ゲーム。ムゼッティのセカンドサーブをジャックナイフでリターンしたモンフィスは、数本ラリーを続けたあと、強烈なダウン・ザ・ラインに対してバックハンド・スライスで対応。このショットが短くなり、ネットに詰められるとロブを上げる。ムゼッティはスマッシュを放つが、モンフィスは難なく反応して返球。その後も拾ってムゼッティに低いボレーを打たせると短くなったボールをバックハンドでクロスにウィナーを決めた。リターンから9本返してのポイントに、もちろん観客からは大歓声が沸き起こっている。

モンフィスはさらに第2セット第2ゲームでもスーパープレーを披露。ベースライン際に落ちたロブを追って行ってジャンプし反転しながら打つというスーパースマッシュも見せている。これはわずかにオーバーとなってしまったが、こちらのプレーでも会場を沸かせている。

35歳となった今も、衰えを見せることないモンフィス。さすがである。続く2回戦では第8シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同16位)と対戦する。次戦もそのプレーに注目である。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP