close

2021.12.07

大会情報

出場選手にジョコビッチの名も。1月1日開幕のATPカップ出場16ヵ国が発表!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

来シーズンの開幕戦、ATPカップにトップ20から18選手が出場

12月7日、ATPは来年1月1日~9日に、オーストラリア・シドニーで開催される国別対抗戦「ATPカップ」のグループ分け抽選会を実施。出場16ヵ国の振り分けが決まった。そして、同時に発表された出場選手に、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク1位)も入っていることがわかった。

【動画】2021年ATPカップのベスト10ショット&ラリー集

【2022年ATPカップ出場16ヵ国・選手一覧】

そのジョコビッチ率いるセルビアは、グループAに入り、ノルウェー、チリ、スペインと同グループに。しかし、同大会後に行われる全豪オープンでは、出場選手だけでなくスタッフ、観客にも新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けており、ジョコビッチは出場できるか明らかにしていない。

今月初めに行われた男子国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」でも、全豪オープン出場に関して質問されたジョコビッチは、「君たちが何を望んでいるかわかっているよ。でも、今夜は答えるつもりはない。言えるのはそれだけだ。いつとは言えない。オーストラリアが間近に迫っているから、すぐにわかるよ」と質問をかわしている。

また、前回優勝にして「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」でも優勝を果たしたロシアは、イタリア、オーストリア、オーストラリアがいるグループB。グループCはドイツ、カナダ、イギリス、アメリカ、グループDはギリシャ、ポーランド、アルゼンチン、ジョージアというグループ分けになった。前回出場の日本は、今回は出場することはできない。

ATPカップのトーナメントディレクターを務めるトム・ラーナー氏は、「2022年にシドニーで、第3回ATPカップを開催できることをうれしく思います。選手たちは国を代表することを楽しみにしており、世界のトップ20選手のうち18人が出場を内諾してくれています。今月末に全16チームをシドニーに迎えることが今から楽しみです」と語っている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP